木更津東インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木更津東インターチェンジ
木更津東IC.JPG
木更津東インターチェンジ(2014年3月25日)
所属路線 C4 首都圏中央連絡自動車道
(東京湾横断・木更津東金道路)
IC番号 105
料金所番号 03-048
本線標識の表記 木更津東 Japanese National Route Sign 0410.svg 鴨川 久留里
起点からの距離 7.1 km(木更津JCT起点)
高滝湖PA (10.7 km)
(7.1 km) 木更津JCT
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0410.svg国道410号
供用開始日 2007年平成19年)3月21日
通行台数 X台/日
所在地 292-0205
千葉県木更津市下郡
テンプレートを表示

木更津東インターチェンジ(きさらづひがしインターチェンジ)は、千葉県木更津市下郡にある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のインターチェンジである。

東金IC/JCT - 木更津東IC間は、当初2009年度に開通予定であったが、工事の遅れなどの理由により2013年4月27日開通[1]となった。ここから浮島方面は片側2車線、つくば方面久喜白岡JCTまで暫定2車線となる。

歴史[編集]

  • 2006年(平成18年)10月10日:当ICの名称が「木更津IC(仮称)」から「木更津東IC」で正式決定[2]
  • 2007年(平成19年)3月21日木更津東IC - 木更津JCT間開通に伴い、供用開始[3]
  • 2013年(平成25年)4月27日東金IC/JCT - 木更津東IC間開通[1]これにより、IC番号を97から105に改番[要出典]
  • 2020年(令和2年)2月1日国土交通省の社会実験事業として、高速道路一時退出実験の試行開始予定[4]ETC2.0搭載車に限定して、当ICで流出し、隣接する道の駅木更津 うまくたの里に立ち寄り後、1時間以内に当ICから再流入して順方向に利用の場合、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整される。)。

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

C4 首都圏中央連絡自動車道
(104)市原鶴舞IC - 高滝湖PA - (105)木更津東IC - (110)木更津JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2013年2月21日, 記者発表資料 圏央道の東金JCTから木更津東IC間が開通します, 国土交通省 関東地方整備局 千葉国道事務所、東日本高速道路(株) 関東支社 (PDF) , 2013年2月23日閲覧
  2. ^ 平成18年度供用予定の圏央道新IC名称は『木更津東IC』
  3. ^ 圏央道 木更津東IC〜木更津JCTは3月21日に開通”. 国土交通省 関東地方整備局 千葉国道事務所、東日本株式会社 関東支社 千葉工事事務所 (2007年2月1日). 2017年1月9日閲覧。
  4. ^ 2月1日実験開始「道の駅」が高速道路の立寄り施設に 〜圏央道 木更津東ICから道の駅「木更津 うまくたの里」への一時退出〜 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局・東日本高速道路株式会社 (2020年1月17日). 2020年1月17日閲覧。

関連項目[編集]