木曽呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 埼玉県 > 川口市 > 木曽呂
木曽呂
—  大字  —
川口北高校
木曽呂の位置(埼玉県内)
木曽呂
木曽呂
木曽呂の位置
座標: 北緯35度51分40.49秒 東経139度43分25.68秒 / 北緯35.8612472度 東経139.7238000度 / 35.8612472; 139.7238000
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Kawaguchi, Saitama.svg 川口市
地区 神根地区
面積[1]
 - 計 1.292km2 (0.5mi2)
人口 (2018年(平成30年)3月1日現在)[1]
 - 計 6,041人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 333-0831[2]
市外局番 048 (川口MA)[3]
ナンバープレート 川口

木曽呂(きぞろ)は、埼玉県川口市大字郵便番号は333-0831[2]

地理[編集]

川口市の北部に位置し、さいたま市緑区とも接する。東京外環自動車道川口中央インターチェンジ(道合)の北部に位置する。

河川[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

かつては木曽呂村であった。

  • 1871年明治4年)11月13日 - 第1次府県統合により埼玉県の管轄となる。
  • 1879年(明治12年)3月17日 - 郡区町村編制法により成立した北足立郡に属す。郡役所は浦和宿に設置。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により安行領根岸村・安行領在家村・道合村・神戸村・木曾呂村・東内野村・石神村・西新井宿村・新井宿村・赤山村・源左衛門新田・赤芝新田が合併し、神根村が成立。神根村の大字木曽呂となる。
  • 1940年昭和15年)4月1日 - 鳩ヶ谷町(1950年に再分離)、芝村、新郷村と共に川口市に編入される[4]。川口市の大字となる。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)3月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
木曽呂 2,438世帯 6,041人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
1〜1063番地
1187〜1279番地
1288〜1308番地
1317〜1335番地
川口市立木曽呂小学校 川口市立北中学校
1064〜1186番地
1346〜1364番地
1373〜1391番地
1400~1418番地
1428~1438番地
1525~1527番地
1561~9999番地
川口市立在家小学校
その他 川口市立在家中学校

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c かわぐちの人口第5表町丁字別人口”. 川口市 (2018年3月8日). 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  5. ^ 住所から基本学区の学校を探す”. 川口市 (2008年2月28日). 2018年3月22日閲覧。

参考文献[編集]