木村健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

木村 健二(きむら けんじ、1950年 - )は、日本の経済史学者下関市立大学教授

愛媛県生まれ[1]。1973年小樽商科大学商学部経済学科卒、1986年早稲田大学大学院博士後期課程単位取得満期退学東京農工大学留学生センター助教授教授、1999年下関市立大学経済学部教授[2]。2006年「戦時下植民地朝鮮における経済団体と中小商業者」で東京国際大学から博士(経済学)。専門は近代日朝経済関係史、近代日本移民史。

著書[編集]

  • 『近代日本の地方経済と朝鮮 一八七六年~一九一〇年における』「朝鮮問題」懇話会 1983
  • 『在朝日本人の社会史』未来社 朝鮮近代史研究双書 1989

共編著・監修[編集]

  • 『史料と分析「韓国併合」直後の在日朝鮮人・中国人 東アジアの近代化と人の移動』小松裕共編著 明石書店 1998
  • 『戦時下アジアの日本経済団体』柳沢遊共編著 日本経済評論社 2004
  • 『近代植民地都市釜山』坂本悠一共著 桜井書店 九州国際大学社会文化研究所叢書 2007
  • 『在日コリアンの経済活動 移住労働者、起業家の過去・現在・未来』李洙任編著 河明生,田中宏,中村尚司,朴一共著 不二出版 2012
  • 『日本帝国勢力圏の東アジア都市経済』柳沢遊,浅田進史共編著 慶應義塾大学出版会 2013
  • 『社史で見る日本経済史 植民地編』全35巻 波形昭一,須永徳武共監修 ゆまに書房 2001-04

脚注[編集]

  1. ^ 『近代植民地都市釜山』著書紹介
  2. ^ J-GLOBAL