木村光孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村光孝
生誕 1940年3月[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 矯正・小児系歯学
研究機関 九州歯科大学
出身校 九州歯科大学
主な受賞歴 日本歯科医学会会長賞
プロジェクト:人物伝

木村 光孝(きむら みつたか、1940年3月[1]-)は日本歯科医師歯学者九州歯科大学名誉教授、元九州歯科大学歯学部小児歯科学講座教授[2]日本外傷歯学会会長[3]、元日本小児歯科学会理事長[4]

経歴[編集]

1966年九州歯科大学歯学部を卒業、同大学講師、助教授を経て1979年より小児歯科学講座教授、2005年より名誉教授[2]

1973年 九州歯科大学より歯学博士号を得る。論文の題は「根未完成歯の歯髄の処置に関する実験的研究 」[5]

著作[編集]

  • 木村光孝 『要説 小児歯科学』 書林1984年11月NCID BA48402801
  • 『小児歯科学』 今西孝博、木村光孝、檜垣旺夫、吉田穰、クインテッセンス出版1985年10月10日。ISBN 978-4-87417-151-6。
  • 『小児歯科学』 Raymond L. Braham, Merle E. Morris、監訳 木村光孝、三樹企画、1991年1月NCID BN06020775
  • 『子どもの歯に強くなる本』 監修 木村光孝、クインテッセンス出版1992年12月。ISBN 4-87417-398-5。NCID BN08445414
  • 『新小児歯科学』 下岡正八、五十嵐清治、内村登、木村光孝、鈴木康生、大東道治、本川渉渡部茂クインテッセンス出版1996年2月10日。ISBN 978-4-87417-501-9。
  • 『幼若永久歯の歯内療法学 基礎と臨床』 木村光孝、松本光吉、クインテッセンス出版1997年4月10日。ISBN 978-4-87417-546-0。
  • 『新編 小児歯科学』 木村光孝、五十嵐清治、内村登、大東道治、宮沢裕夫、クインテッセンス出版1997年12月10日。ISBN 978-4-87417-571-2。
  • 『乳幼児歯科診療の実際』 木村光孝、祖父江鎭雄、クインテッセンス出版1998年5月10日。ISBN 978-4-87417-585-9。
  • 『小児歯科患者の臨床的対応』 木村光孝、下野勉、土屋友幸、クインテッセンス出版2001年7月10日。ISBN 978-4-87417-691-7。
  • 九州歯科大学小児歯科学教室 『子供の歯に強くなる本』 監修 木村光孝、クインテッセンス出版2003年8月10日、増補改訂版。ISBN 978-4-87417-776-1。
  • 『新編 小児歯科学』 木村光孝、五十嵐清治、大東道治、田村康夫、宮沢裕夫、クインテッセンス出版〈歯科衛生士教育マニュアル〉、2004年4月10日、第2版。ISBN 978-4-87417-800-3。
  • 『乳歯列期における外傷歯の診断と治療』 木村光孝、高木裕三、香西克之、朝田芳信、クインテッセンス出版2005年5月10日。ISBN 978-4-87417-846-1。NCID BA71850552
  • 『子どもの歯に強くなる本』 高木裕三、前田隆秀、田村康夫、監修 木村光孝、クインテッセンス出版〈強くなるシリーズ〉、2012年12月10日、新装版。ISBN 978-4-7812-0292-1。NCID BB11160611

所属団体[編集]

など

学職

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 木村 光孝 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2005年1月7日). 2011年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c 第8回日本外傷歯学会総会・学術大会 プログラム・抄録集』(PDF) 琉球大学医学部 高次機能医科学講座 顎顔面口腔機能再建学分野、14頁。
  3. ^ a b 日本外傷歯学会 役員名簿 (平成19年~22年)”. 日本外傷歯学会. 2011年1月17日閲覧。
  4. ^ a b 日本小児歯科学会とは”. 日本小児歯科学会. 2011年1月17日閲覧。
  5. ^ 博士論文書誌データベース
  6. ^ 認定指導医名簿”. 日本小児歯科学会. 2011年1月17日閲覧。
  7. ^ 日本小児歯科学会認定医名簿 九州地方会”. 日本小児歯科学会. 2011年1月17日閲覧。
  8. ^ 役員一覧”. 日本小児口腔外科学会. 2012年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月17日閲覧。