木村吉二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村 吉二郎
Kimura Kichijiro
Sumo pictogram.svg
基礎情報
行司名 木村 吉二郎
本名 西野 昌宏
生年月日 (1977-12-10) 1977年12月10日(40歳)
出身 東京都荒川区
所属部屋 放駒部屋芝田山部屋
データ
現在の階級 十両格行司
最高位 十両格行司
初土俵 1993年5月場所
備考
2015年11月18日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

木村 吉二郎(きむら きちじろう、本名:西野 昌宏(にしの まさひろ)、1977年12月10日 - )は、東京都荒川区出身で、芝田山部屋(入門時は放駒部屋)所属の大相撲十両行司血液型A型

人物[編集]

東京都荒川区出身。父は渥美二郎の専属司会者を務めており、「吉二郎」の名も渥美に因んでいる。その父の影響を受け、幼少期より普通のサラリーマン生活より誰も経験できないような職に就きたいと考えていた。その後、父に「行司になれ」と言われ、いつの間にか担任とも話がついており知らぬ間に放駒部屋入門が決まったという。

1993年5月場所で初土俵。当初から木村吉二郎を名乗っている。同期には木村勘九郎(北の湖部屋所属)がいる。幕下格だった2007年30代木村庄之助の長女と結婚した。

2013年2月に放駒部屋が閉鎖となり芝田山部屋に移籍[1]

2014年1月場所から十両格に昇進した[2]

近年[いつ?]は場内アナウンスを担当している姿がたびたび目撃される。

エピソード[編集]

  • 荒川区立第七中学校在学中はバスケットボールに励んでいた。
  • 現役行司のなかでもかなりの長身(テレビ中継の実況によると183cm)だが、入門時には160cmほどしかなかった。
    • その長身の為、十両格行司に昇進して装束を一新する際に大きい装束が少なく、背の高かった34代式守伊之助や、一門は違うが34代木村庄之助からも装束を譲り受けている。また、軍配は現役時代に付け人を務めた縁で29代木村庄之助から譲り受けた[3]
  • 2007年12月16日の結婚披露宴には、父親の縁で渥美二郎も駆けつけた。
  • 入門時の師匠だった17代放駒日本相撲協会の11代目理事長になった時はまったく知らなかったそうで、帰宅してつけたテレビのニュースで知ったらしい。その際「驚いて飲み物をこぼしてしまった」と語っている。
  • 幕下格行司の頃は初切を担当しており、琴鳳が相手力士と間違えて四つに組もうとして注意をしたり、巡業先で取組を放棄して飲食をする力士に土俵に戻るよう促しておきながら自身も飲食をし、挙句の果てに飲酒のため土俵の踏み段を踏み外すなどの名演技を見せた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 間垣部屋、3月春場所後に閉鎖 師匠定年の放駒部屋力士も移籍へ スポニチアネックス 2013年1月26日(2014年1月28日閲覧)
  2. ^ 行司も番付社会 「十両格」昇進、木村吉二郎 年功序列、遅咲きの36歳 大相撲 朝日新聞デジタル 2014年1月11日(2014年1月28日閲覧)
  3. ^ 木村吉二郎が十枚目格に昇格しました 大相撲 芝田山部屋ブログ

参考文献[編集]