木村嘉孝 (棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 木村嘉孝 七段
名前 木村嘉孝
生年月日 (1931-03-26) 1931年3月26日(87歳)
プロ入り年月日 1960年10月1日(29歳)
棋士番号 80
出身地 東京都中央区
師匠 木村義雄十四世名人
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2017年8月24日現在

木村 嘉孝(きむら よしたか、1931年3月26日 - )は、将棋棋士。1991年、引退。木村義雄十四世名人門下。棋士番号は80。東京都中央区出身。

人物[編集]

西郷隆盛似ないしは石原裕次郎風のしっかりした目と太い眉(外部リンクの顔写真を参照)は、将棋界では珍しい。

将棋を覚えたのは、終戦直後の15-16歳頃[1]

早稲田大学在学中に学生大会で活躍し[1]、1951年、1級で木村十四世名人に入門する。

プロ入りと同時期の第3回(1959年度)古豪新鋭戦で優勝。

1960年のプロ入り後、順位戦初参加となる第16期(1961年度)C級2組順位戦は、8勝4敗で次点(3位)。つづく第17期でも8勝5敗で次点(3位)。デビューが遅かった木村にとっては、この頃が、すでに現役棋士としてのピークであった。しかし、その後も順位戦からの陥落の危機と立ち向かいながら、還暦を迎えるまで粘り強く指し続けた。

エピソード[編集]

後に名人位永世棋聖となる佐藤康光のプロ公式戦最初の対局相手であった(1987年5月26日・早指し将棋選手権予選)が、事情により欠場し不戦敗となった。このため、佐藤のプロ初白星は不戦勝という、棋界では非常に珍しい記録を残すことになった。

棋風[編集]

振り飛車党で、軽快な指し方をする棋風向かい飛車三間飛車四間飛車中飛車のどれも指した。居飛車対振り飛車の将棋を好み、相手が振り飛車の場合に自分は居飛車にすることもあった。

攻めが切れそうになった場合など、自分に勝ち目がないと見切ると、潔く早々に投了している棋譜が多い。

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

通算成績
241勝479敗
優勝
優勝合計1回
在籍クラス
表彰
  • 現役勤続25年表彰(1985年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目[編集]