木村四郎七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 四郎七(きむら しろうしち、1902年10月24日[1] - 1996年8月28日[2])は、日本外交官

生涯[編集]

奈良県下市町長木村熊治郎の5男として誕生[1]。1941年5月から6月まで在香港領事[3][4]。1949年6月、外務省連絡局長に就任[5]。 1951年11月、国交未樹立の台湾にて台北事務所が開設され、同代表として派遣された[6][7]。1952年、台湾政府との和平交渉に参加[8]。1954年から55年まで在スリランカ日本公使。1956年8月、外務省官房長に就任[5]。1957年、日本とチェコスロバキアの政府間外交再樹立に伴い、1961年まで在チェコスロバキア大使。1961年、世界気象協会で日本政府代表。1963年から1966年まで在中華民国台湾)大使。1966年から1968年まで在韓国大使[9]。1974年5月から1978年2月まで台湾との領事窓口である交流協会で理事長。

出典[編集]

  1. ^ a b 下市町史編纂委員会 (1958). 大和下市史. 下市町教育委員会. p. 28. 
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1996年9月3日朝刊、27面の訃報より。
  3. ^ [1]
  4. ^ Hong Kong Government Gazette, May 9, 1941
  5. ^ a b 戦後外務省主要幹部任免表”. 日本国外務省. 2013年8月12日閲覧。
  6. ^ 張宏波. “在台北海外事務所の開設をめぐる日本外交の主体性―国民政府外交档案からみた戦後初期日中関係の形成―”. p. 103. http://www.meijigakuin.ac.jp/~hongbo/PRIME29Zhang.pdf 2013年8月12日閲覧。 
  7. ^ CIA Daily Digest, November 9, 1951
  8. ^ [2]
  9. ^ Seung K. Ko, "South Korean-Japanese Relations since the 1965 Normalization Pacts" Modern Asian Studies, Vol. 6, No. 1 (1972), pp. 49-61