木村庄之助 (15代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

15代 木村 庄之助(じゅうごだい きむら しょうのすけ、天保10年10月20日1839年11月25日) - 明治30年(1897年9月22日)は、大相撲立行司。本名は深山八三郎。出身地は東京都江東区富岡

人物[編集]

11代木村庄之助に入門、1850年11月木村八三郎の名で番付に載る。のち木村瀬平(3代目、正三郎改め)の所属となる。木村角次郎(角治郎)から1864年10月に木村庄三郎(4代目)を襲名。1885年5月に先代の庄之助の死去に伴い、15代目木村庄之助を襲名した。人物、見識に優れ、故事に精通していた。横綱初代梅ヶ谷の信頼厚く、横綱土俵入りを許されると土俵入りに従った。年寄木村松翁を兼務。1897年9月22日現役没。享年59。

参考文献[編集]

関連項目[編集]