木村庄之助 (6代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

6代 木村 庄之助(ろくだい きむら しょうのすけ、生没年不詳)は、大相撲立行司

人物[編集]

初名は木村荒助、後に初代木村庄九郎さらに2代目木村庄太郎を経て宝暦の初め頃に6代目を襲名したとされる。江戸相撲の現存最古の番付表である宝暦7年(1757年)10月場所の番付には既に首席の地位にあり、明和7年(1770年)11月までには名前が見える。その後の消息は不明。

「木村庄之助正武」を名乗り、6代庄之助以降幕末までの歴代庄之助のは「正武」と称した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]