木村庄二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村庄二郎(きむら しょうじろう)は、出羽海一門の部屋に所属する行司が名乗ることが多い。元々は「庄治郎」だったが、「庄次郎」「正治郎」などとも記されている。26代式守伊之助1950年5月場所、6代木村庄次郎(庄二郎)を襲名している(「庄次郎」はこの場所のみで、翌場所より前名の「宗市」に戻し、再び1956年9月~1990年11月まで「庄二郎」を名乗る)。

6代まで続いているが、現在この名跡を名乗る行司はおらず、長らく空いたままとなっている。

関連項目[編集]