木村昌由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村 昌由美(きむら まゆみ)は日本生理学者岐阜県出身。睡眠科学が専門であり、現在マックス・プランク精神医学研究所研究グループリーダー。

来歴・人物[編集]

岐阜県多治見市で生まれる。1983年金沢大学理学部生物学科卒業、1985年金沢大学大学院理学研究科生物学専攻修了、1989年東京医科歯科大学大学院医学研究科機能学系修了(医学博士)。論文の題は 「複数の睡眠物質に基づく睡眠調節機構に関する神経科学的研究」[1]

1989年~2003年まで東京医科歯科大学で助手を務め、この間、テネシー大学医学部生理学・生物物理学学教室(1990年1993年)、テキサス大学医学部生理学教室・内科学教室(1994年1995年)、ルイジアナ州立大学ペニントン生物医学研究所(1995~1996年)、チューレン大学医学部内科学教室、ミラノ大学医学部生理学教室、マックス・プランク精神医学研究所に留学する。

アメリカ留学時には、感染時に眠気が増加する原因物質が、免疫性サイトカインであることを突き止めた。現在でも睡眠を制御する物質や遺伝子に関する研究を続けている。

2003年からマックスプランク精神医学研究所のグループリーダーを務め、研究に従事する。

受賞[編集]

著書[編集]

  • 「幸せな女」になれる眠り方 心も体も気持ちよく生きる(PHP研究所)-衿野未矢著・木村昌由美監修(2006年

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース なお旧姓か カッコ内に武内とある