木村曙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村 曙(きむら あけぼの、明治5年3月3日1872年4月10日) - 明治23年(1890年10月19日)は兵庫県出身の作家。本名、岡本栄子。

牛鍋チェーン店"いろは"の経営者木村荘平とその愛人(のち正妻)岡本政の娘として神戸市に生まれる。東京女子師範学校附属高等女学校(現:お茶の水女子大学附属中学校附属高等学校)在学中、ヨーロッパで刺繍を学ぶことを望み、フランス語の学習に熱中。卒業後、文部省フランス留学を命じられた女性から同行するよう誘われ、父荘平に留学の許可を求めたが許されず、母と共に浅草広小路の"いろは"第十支店に住み込んで帳場を担当。

大学生時代の有賀長文(のちの三井合名理事)から想いを寄せられたものの、父の命令での資産家から養子を迎える。しかし、のちに婿の不品行が判明したため離縁。商売の合間に小説『婦女乃鑑』(ふじょのかがみ)を書き上げ、1889年讀賣新聞に連載。この作品は、令嬢が父と争い、家出の果てに渡英してケンブリッジ大学の女子部を卒業し、さらに渡米してニューヨークで女工として働いた後、日本に帰国して工場を建て、殖産興業や貧民教育に尽すという内容の物語で、自ら叶えられなかった留学の夢をヒロインに託したものであった。

その他の作品に『勇み肌』(1889年)や『わか松』(1890年)など。女流作家として将来を嘱望されていたが、ふとした風邪が元で結核性腹膜炎を病み、神奈川県大磯に転地。しかし療養の甲斐なく、18歳で早世した。歿後、『曙女史遺稿集』(1896年)が刊行された。

異母弟に作家木村荘太画家木村荘八作家木村荘十映画監督木村荘十二などがいる。

長谷川時雨は『近代美人伝』の中で、木村曙の実父は栗本鋤雲だったとの説を紹介している。

参考文献[編集]