木村次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村 次郎
きむら じろう
生年月日 (1967-12-16) 1967年12月16日(51歳)
出生地 日本の旗 青森県南津軽郡藤崎町
出身校 中央大学法学部卒業
前職 青森県職員
所属政党 自由民主党細田派
称号 法学士(中央大学・1991年)
親族 木村文男(祖父)
木村守男(父)
木村太郎(兄)
公式サイト 木村次郎 公式ホームページ

選挙区 青森3区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月24日[1] - 現職
テンプレートを表示

木村 次郎 (きむら じろう、1967年12月16日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(1期)。父は青森県知事や衆議院議員を務めた木村守男。祖父は元衆議院議員の木村文男。兄は元衆議院議員の木村太郎パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザーを務める[2]

経歴[編集]

青森県南津軽郡藤崎町出身[3]

1986年、青森県立弘前高等学校卒業。1991年、中央大学法学部法律学科卒業[3]。同年青森県庁に入り、交通政策課副参事、企画政策部地域活力振興課課長代理などを務める[4]

2017年7月兄の木村太郎が死去すると、同年10月に予定される衆議院青森4区補欠選挙に出馬の意欲を示し[5]、青森県庁を退職、9月に自民党公認で出馬することが決まった[6]。しかし、同月、衆議院解散となり、補欠選挙でなく総選挙となったため、区割り変更により選挙区が青森4区から青森3区に変更された。そのため、青森3区の自民党公認候補となり、10月の第48回衆議院議員総選挙で初当選した[1]。11月2日、細田派に入会[7]

政策[編集]

受動喫煙問題[編集]

  • 2017年10月に青森県タバコ問題懇談会が行った「タバコ問題アンケート」について下記のとおり回答している[8]
    • 世界保健機関(WHO)が求める屋内全面禁煙の法制化について「法制化または条例制定の際に、屋内全面禁煙ではなく分煙も選択できるようにする」
    • たばこの価格をどの程度まで引き上げるかについて「500円~600円程度」
    • 選挙事務所や集会・パーティー等における受動喫煙防止対策について「分煙にしている」

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成29年(2017年)10月24日青森県選挙管理委員会告示第78号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに候補者届出政党の名称
  2. ^ パチンコチェーンストア協会(PCSA)
  3. ^ a b 木村次郎オフィシャルホームページ経歴
  4. ^ 「青森4区補選、死去した木村太郎氏の弟・次郎氏が出馬表明」産経新聞2017年9月1日 2017年10月26日閲覧
  5. ^ 「衆院青森4区補選 故木村太郎氏の弟木村次郎氏が出馬へ 」毎日新聞2017年8月24日 2017年10月26日閲覧
  6. ^ 「自民、衆院青森4区補選に木村次郎氏を公認 」産経新聞2017年9月8日 2017年10月26日閲覧
  7. ^ “細田派4人、岸田派1人入会=自民党”. 時事通信. (2017年11月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200905&g=pol 2017年11月20日閲覧。 
  8. ^ 2017年 衆議院議員選挙 立候補予定者 タバコ問題アンケート・回答”. 青森県タバコ問題懇談会 (2017年10月6日). 2018年8月22日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 2017衆院選 候補者アンケート朝日東大谷口研究室共同調査