木村正辞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村正辞

木村 正辞(きむら まさこと、1827年5月1日文政10年4月6日) - 1913年大正2年)4月11日)は、国学者国文学者

経歴[編集]

下総国埴生郡成田村(現・千葉県成田市)生まれ。はじめ清宮荘之助。号を欟斎。伊能穎則に国学、岡本保孝英語版に音韻学を学び、和学講談所、水戸藩駒込文庫に出仕する。維新後は官吏を務め、帝国大学文科大学教授。『万葉集』を主として研究し、珍書の蔵書でも知られる。1890年東京学士会院会員、後に帝国学士院会員。

1913年、腎炎のため死去[1]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 日本略史 文部省 1875.4
  • 日本史要 東京師範学校 1878.11
  • 国史案 文部省 1877-1879
  • 賜暇遊覧 博聞社 1888.7
  • 欟斎雑攷 博聞社 1888.12
  • 万葉集書目提要 大八洲学会 1888
  • 日本号の攷 大八洲学会 1889.6
  • 万葉集美夫君志 大八洲学会 1889.2
  • 播磨の浜づと 大八洲学会 1889
  • 万葉集訓義弁証 早稲田大学出版部 1904.12 のち勉誠社文庫
  • 万葉集字音弁証 早稲田大学出版部 1904.12 のち勉誠社文庫
  • 万葉集総釈 早稲田大学出版部 1904?
  • 万葉集古義存疑 1900-1904
  • 万葉歌百首講義 早稲田大学出版部 1926
  • 万葉集講話 大日本歌道奨励会 1935
  • 日本小作制度論 日本に於ける小作制度の本質究明 木村荘之助 叢文閣 1936

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)10頁
  2. ^ 『官報』第322号「叙任及辞令」1884年7月25日。

参考文献[編集]

  • 昭和女子大学近代文学研究室編『近代文学研究叢書 第13巻』昭和女子大学光葉会、1959年7月