木村浩嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

木村 浩嗣(きむら ひろつぐ 1962年 - )は、愛媛県出身のサッカー指導者、雑誌編集者、スポーツライター

経歴[編集]

中央大学法学部卒業後、編集プロダクションを経て、日経ホーム出版社(2008年、日経BPに合併)に編集者として勤務。1994年に退職し、スペインサラマンカに渡る。語学学校に通い、スペイン語での指導資格を得る。サッカー選手の経験は全くなかったが、1998年にスペインサッカー連盟公認のコーチライセンスNIVEL I、1999年には同NIVEL IIを取得し、8シーズンにわたり少年チームを指導。スペインサッカー連盟カスティーリャ・イ・レオン州監督委員会員も務めた。

2006年8月に日本に帰国し、海外サッカー雑誌『フットボリスタ』の編集長に就任。2008年12月、再度スペインに渡り、現在はセビージャに在住しながら『フットボリスタ』の編集長を務めている。

書籍[編集]

著書
  • 『footballista主義』(ソル・メディア、2011年)ISBN 9784905349068
訳書
  • ミゲル・アンヘル・ディアス『ラ・ロハ スペイン代表の秘密』(ソル・メディア、2012年)ISBN 9784905349105

関連項目[編集]