木村清司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
木村清司

木村 清司(きむら せいじ、1896年明治29年)10月12日[1] - 1980年昭和55年)10月18日[2])は、日本の内務厚生官僚弁護士。官選福井県知事

経歴[編集]

新潟県出身。長岡市長・木村清三郎の長男として生まれる[1]第一高等学校を卒業。1920年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1921年東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。農商務省に入省し工務局属となる[1][3]

以後、工場監督官、鉱務監督官、国際労働会議政府代表顧問(1926年)、秋田県書記官・総務部長、内務省地方局財務課長などを歴任[1]

1939年4月、福井県知事に就任。戦時体制の整備に尽力[1]1940年12月、厚生省保険院社会保険局長に転任し、1942年4月まで在任[4]。同年に退官[3]。その後、重要物資管理団理事、名古屋市助役を務めた。

戦後、地方財政委員会委員、地方財政審議会委員を務め、1961年に弁護士を登録した[1]

著作[編集]

  • 『労働者募集取締令釈義』清水書店、1926年。
  • 『労働保護法』〈解釈法令叢書;第3〉日本評論社、1936年。
  • 『財務行政 上』〈自治行政叢書;第6巻〉常磐書房、1937年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』480頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』427頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』227頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』73頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。