木村立哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村 立哉(きむら たつや、1964年 京都市 - )は、日本映画プロデューサーエッセイストであり、葛飾 ホックニー(かつしか-)の名で、音楽プロデューサー、イヴェント・オーガナイザーとして「Picture Yourself Sound School」を組織、またCMディレクター遅塚勝一とのDJトークユニット「亜湖派とかほり派 (あこはとかほりは)」のメンバーとしても活動、超絶記憶力を駆使した歌謡曲トークの名手としても知られる[要出典]。演劇やサウンドドラマの脚本や原案の発表作もある。

来歴・人物[編集]

木村立哉として[編集]

1964年京都市東山区五条坂に生まれる。曾祖父は陶芸家6代目木村清山(木村仙之助)、祖父は同7代目木村清山であり歌人木村二瓶子、伯父は剪紙作家木村祥刀(漫画家木村光久[1]。その後東京都および千葉県へ転居し、千葉県立東葛飾高等学校早稲田大学第一文学部を卒業。

1981年の高校在学中に習作の短編小説を学内で発表するとともに、8ミリ映画製作、映画上映会・鑑賞会、のちの「Picture Yourself Sound School」での活動に通じる数々のイヴェントを仕掛け[2]、また同年、音楽批評、映画批評を書き始め、『よい子の歌謡曲』誌等に発表。大学に入学した1983年から梅本洋一に師事し、書籍編集をサポートする。大学時代の語学クラスの同級生に栗原美和子戸田山雅司らがいる[3]

1991年、石井輝男監督の『ザ・ヒットマン 血はバラの匂い』に助監督としてつく[4]

1993年、梅本洋一責任編集『季刊カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』誌の初期に参加する。1995年 - 1996年、アートブック『グローバル・ロコ』を主筆として編集発行・DTPデザインをこなし、同誌上で脚本家の奥寺佐渡子にマンガを執筆連載させた。

テレビドラマにくわしいことでも知られ、1997年には『ユリイカ - 詩と批評 -』誌上に北川悦吏子論を発表したのを初めとして、同誌上にテレビドラマ時評を連載、1998年からは「TVぴあドラマ大賞」審査員を北川昌弘、小泉すみれらとともに2000年の同賞の休止までつとめ、2008年からは「Invitation Awards」(『Invitation』誌主催)テレビドラマ部門の審査員を北川昌弘らとともにつとめている。

小説家坂口安吾に関わり、1990年代初頭から安吾の妻三千代の執筆した自伝的エッセイ『クラクラ日記』の映画化を目論み、三千代や長男綱男、当時安吾の小説『白痴』映画化を企画中の手塚眞らと交流、のち2000年から安吾を偲ぶ「安吾忌」の事務局を七北数人らとつとめる。2005年、新潟市の安吾情報サイト「坂口安吾デジタルミュージアム」に企画として参加[5]。手塚の主宰した「坂口安吾映画祭」(2006年)に協力、東京・渋谷の「シアター・イメージフォーラム」での手塚とのトークライヴに出演した。『クラクラ日記』は現在も映画化にいたっていない[6]

2004年、福岡で行なわれた「第49回アジア太平洋映画祭」事務局に参与として参加、2005年12月、「2005函館港イルミナシオン映画祭 第9回シナリオ大賞」審査員を崔洋一飯田譲治荒俣宏らとともにつとめる[7]。「城戸賞」選考委員(2003年 - 2007年)として、和田竜尾崎知紀田中幸子らを発掘した。

現代美術やコンピュータテクノロジにも造詣があり、2001年 - 2002年には『サイゾー』誌に『木村立哉のアート紀行 - 現代なのか、美術なのか。』を連載、2006年には『ユリイカ - 詩と批評 -』誌上に横井軍平論を発表するほか、2006年2月、世界で初めてのナム・ジュン・パイク追悼イヴェントとなった、東京都現代美術館での「ナム・ジュン・パイク追悼・東京ミーティング」実行委員を赤瀬川原平坂本龍一石黒敦彦らとともにつとめた[8]

葛飾ホックニーとして[編集]

1990年代から木村立哉名義でDJとしても活動していたが、2006年6月、葛飾ホックニー名義で、DJ AOMONOYOKOCHOらと「Picture Yourself Sound School」を組織、同月27日の東京・新宿ゴールデン街の「新宿ゴールデン街劇場」での第1回をかわきりに、音楽イヴェントを主催、第2回からは、CMディレクター遅塚勝一とともに結成した「亜湖派とかほり派」として、DJトークを行なう。

同年12月には、往年のロックバンドSALLY解散20周年を記念し、同バンドのリードヴォーカル加藤喜一(現加藤キーチ)のワンマンライヴを東京・渋谷の「Shibuya eggman」で挙行、同日リリースで加藤のソロデビューシングル『東京バックサイド・ブルース』(Picture Yourselfレーベル)を音楽プロデューサー鈴木ダイスケとともにプロデュースする。またそれに先立ち、11月にはソウルシンチョンのカフェ「空中キャンプ」で、加藤と日野友香のゲリラライヴを鈴木とともにプロデュース。また鈴木とは、DJトークユニット「ザ・ポップ・クルセダーズ」を結成している。

翌2007年3月には、東京・池袋の「池袋小劇場」を1週間ジャック、1週間ぶっ続けのイヴェント「Picture Yourself Sound School #6 Superstar Carnival 俺たちがテレビだ!」を挙行。同年9月には、東京・中目黒の「ウッディシアター中目黒」で、オムニバス演劇イヴェント『俺たちがドラマだ!』をプロデュース、すべての脚本を監修し、そのうちの1作『セクシー・バス・ストップ』(演出遅塚勝一)では、「亜湖派とかほり派」名義で脚本を執筆した。

また「第30回城戸賞」で木村が発掘した脚本家尾崎知紀の主宰するポッドキャストドラマ「耳がミケランジェロ」シリーズのなかの1作、『桜田門外の恋』(2007年、作尾崎知紀)の原案にクレジットされている[9]。同名義で発表されたコラムに、松本隆主宰のウェブサイト「風待茶房」の「風待コラム駅伝」でのイモ欽トリオハイスクールララバイ』について書いた『80年代学園ラヴソングの先駆』(2007年)がある[10]

フィルモグラフィ[編集]

ディスコグラフィ[編集]

葛飾ホックニー名義

  • 加藤キーチ『東京バックサイド・ブルース』(Picture Yourselfレーベル、2006年) プロデューサー
  1. 『東京バックサイド・ブルース』 作詞森若香織、作曲編曲杉山洋介
  2. 『BALLAD OF "G"』 作詞作曲編曲加藤キーチ
  3. 『飛べないエアポート』 作詞日野友香青木多果、作曲編曲青木多果

テアトログラフィ[編集]

葛飾ホックニー名義

  • Picture Yourself Sound School #1 (2006年6月27日、DJイヴェント、新宿ゴールデン街劇場) - プロデューサー、出演
  • Picture Yourself Sound School #2 (2006年7月30日、DJイヴェント、新宿ゴールデン街劇場) - プロデューサー、出演
  • Picture Yourself Sound School #3 (2006年9月6日、DJイヴェント、新宿ゴールデン街劇場) - プロデューサー、出演
  • Picture Yourself Sound School #4 ぎんざNOWは絶快調!! (2006年11月15日、ヴァラエティライヴショウ、新宿ロフトプラスワン) - プロデューサー、出演
  • 加藤キーチ meets 日野友香 (2006年11月24日、音楽ライヴ、大韓民国ソウル・空中キャンプ) - プロデューサー
  • 加藤キーチ sings SALLY (2006年12月15日、音楽ライヴ、Shibuya eggman) - プロデューサー
  • Picture Yourself Sound School #5 オールスター新年会 (2007年1月30日、ヴァラエティライヴショウ、中野heavy sick ZERO) - プロデューサー、出演
  • Picture Yourself Sound School #6 Superstar Carnival 俺たちがテレビだ! (2007年3月5日 - 11日、ヴァラエティライヴショウ、池袋小劇場) - 総合プロデューサー、出演
    寸劇『タイムスリップ! 一休さん』(鈴木ダイスケ作、遅塚勝一演出) 主演(一休さん役)
  • Picture Yourself Sound School #7 Allstar Festival 80年代がやってきた! (2007年4月30日、ヴァラエティライヴショウ、中野heavy sick ZERO) - プロデューサー、出演
  • 俺たちがドラマだ! (2007年9月13日 - 17日、4話オムニバス演劇、ウディーシアター中目黒) - エグゼクティヴプロデューサー
    脚本 (オムニバス1話『セクシー・バス・ストップ』、亜湖派とかほり派名義、遅塚勝一演出)

ビブリオグラフィ[編集]

書籍[編集]

  • 『よい子の歌謡曲』(「よい子の歌謡曲」編集部編、冬樹社、1983年)
  • 『映画は判ってくれない』(梅本洋一著、フィルムアート社、1984年) - フィルモグラフィ作成
  • 『フランソワ・トリュフォー』(梅本洋一編、芳賀書店、1985年 ISBN 4-8261-0115-5) - フィルモグラフィ作成
  • 『月はどっちに出ている - 崔洋一の世界』(崔洋一ほか共著、日本テレビ出版部、1993年 ISBN 4-8203-9416-9)
  • 『特撮と怪獣 - わが造形美術』(成田亨著、滝沢一穂編、フィルムアート社、1995年 ISBN 4-8459-9552-2) - 企画
  • 『ケイゾク/雑誌』(相田冬二ほか共著、ぴあ、2000年)
  • 『映画×音楽』(相田冬二ほか共著、音楽之友社、2000年 ISBN 4-276-23818-8)
  • 『J- ROCK名盤カタログ』(駒形四郎・保母大三郎ほか共著、宝島社、2003年 ISBN 4-7966-3638-2)
  • 『映画は音楽だ! ポップ・ミュージック篇』(遠山純生編、エスクァイアマガジンジャパン、2005年、ISBN 4-87295-097-6)
  • 『安吾マガジン』(イーストプレス、2007年 ISBN 4-87257-747-7) - 協力
  • 『映画 大帝の剣 公式ガイドブック』 (エンターブレイン、2007年 ISBN 4-7577-3519-7) - 座談会

論文[編集]

季刊カイエ・デュ・シネマ・ジャポン(フィルムアート社)
  • 「ゲリラにとってつねに撮影所が本拠地だった - 崔洋一『月はどっちに出ている』」、No.7、1993年4月 ISBN 4-8459-9311-2
  • 「もう生きることしか残されていない - ダニエル・シュミット『季節のはざまで』」、No.8、1993年11月 ISBN 4-8459-9315-5
ユリイカ - 詩と批評 -(青土社)
  • 「森林鉄道は解体されながら走れるか - ジャパニメーション、その産業の現在」、特集=ジャパニメーション!、1996年8月号 ISBN 4-7917-0004-X
  • 「香港映画のつくりかた、日本映画のつくりかた。」(鈴木清文との対談と構成)、特集=香港映画、1997年5月号 ISBN 4-7917-0015-5
  • 「再生のためのあざやかなイメージ - 北川悦吏子試論」、特集=日本映画・北野武以降、1997年10月号 ISBN 4-7917-0022-8
  • 「 新しい隆起、あるいはこころの翅をのばすとき」、特集=ボサノヴァ、1998年6月号 ISBN 4-7917-0031-7
  • 「一九七八年のことなんて書けない。」、特集=歌謡曲、1999年3月号 ISBN 4-7917-0043-0
  • 「地上のあたたかい眠りのために。」、特集=ビョークの世界、2002年1月号 ISBN 4-7917-0083-X
  • 「ドアの数だけゴシック世界がある。 - ブロンテ姉妹の二一世紀」、特集=ブロンテ姉妹 荒野の文学、2002年9月号 ISBN 4-7917-0093-7
  • 「クイック・ノーツ・オン・マサムネ・クサノ - スピッツ論のための長い走り書き」、特集=Jポップの詩学、2003年6月号 ISBN 4-7917-0106-2
  • 「生きるということと、あたたかさの記憶。 - 宮崎駿のなかにいる「労働」と「仲間」」、特集=宮崎駿とスタジオジブリ、2004年12月号 ISBN 4-7917-0127-5
  • 「競争のない世界、枯れた技術の水平思考 - 指と手のひらから世界へ」、特集=任天堂、2006年6月号 ISBN 4-7917-0147-X
  • 「映画は女の子たちのもの」、特集=監督系女子ファイル、2006年12月号 ISBN 4-7917-0156-9

雑誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木村祥刀・切り絵の世界の記述を参照。
  2. ^ A&G Co.全仕事1981-2005」の記述を参照。
  3. ^ 暴れん坊ママ magnoria/ウェブリブログの記述を参照。
  4. ^ 『月はどっちに出ている - 崔洋一の世界』(崔洋一ほか共著、日本テレビ出版部、1993年 ISBN 4-8203-9416-9)の記述を参照。
  5. ^ 坂口安吾デジタルミュージアムの記述を参照。
  6. ^ Tezka Macoto' 6D -手塚眞ブログ-: ANGOFF 3の記述を参照。
  7. ^ 2005函館港イルミナシオン映画祭 第9回シナリオ大賞【審査員】決定!
  8. ^ 【募集中】ナム・ジュン・パイク追悼「トウキョウ・レクイエム」 2006-02-21
  9. ^ ポッドキャスト・ドラマ「耳がミケランジェロ」」の記述を参照。
  10. ^ 風待茶房 風待コラム駅伝」第19回大会テーマ「ハイスクールララバイ」の記述を参照。