木村育生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

木村育生(きむら いくお、1958年7月8日 - )は、東京都出身の実業家であり、株式会社インボイス創業者、イコールパートナーズ株式会社代表取締役である。

来歴[編集]

慶應義塾大学商学部卒業後の1982年米国ミシガン州立大学へ留学。

1984年テキサス州ヒューストンの貿易会社に入社。1985年に帰国。同時に株式会社I.Q.Oを設立し代表取締役に就任。株式会社I.Q.Oはゼネラル通信工業株式会社を経て、2001年に株式会社インボイスへ社名変更し現在に至る。

2010年、インボイスのMBOを機に全役職を退任し、自らの資産を運用する目的でイコールパートナーズ株式会社を設立した。

西武ライオンズ選手・監督の東尾修とは雑誌で対談して以来の親交があり、西武ドーム命名権にインボイスを勧めたのも東尾であった。

バスケットボールとの関わり[編集]

中学時代はバスケットボール部に所属するも、喘息気味のためレギュラーには入れず。しかし、高校時代に出身中学のバスケット部に出向き、大学1年には慶應女子中学のヘッドコーチも務めた。

2005年には、株式会社日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の代表取締役会長にも就任した。前述の東尾は2006年から2009年まで同リーグに所属する東京アパッチゼネラルマネージャーを務めていた。

関連項目[編集]