木村英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村 英一(きむら えいいち、1906年11月4日[1] - 1981年11月15日[2])は、日本中国哲学者。

京都府出身。1930年京都帝国大学文学部支那哲学史卒。1960年「老子の新研究」で京都大学文学博士。京大助教授、1949年大阪大学学部教授、67年定年退官名誉教授追手門学院大学教授。

著書[編集]

  • 法家思想の研究』弘文堂 1944
  • 『中国民衆の思想と文化』弘文堂書房 教養文庫 1947
  • 『中国的実在観の研究 その学問的立場の反省』弘文堂書房 1948
  • 老子の新研究』創文社 1959
  • 孔子と論語』創文社 東洋学叢書 1971
  • 『中国哲学の探究』創文社 東洋学叢書 1981

編著[編集]

  • 慧遠[要曖昧さ回避]研究 遺文篇』編 創文社 京都大学人文科学研究所研究報告 1960
  • 『慧遠研究 研究編』編 創文社 京都大学人文科学研究所研究報告 1962

[編集]

記念論集
  • 『中国哲学史の展望と模索』木村英一博士頌寿記念事業会編 創文社 1976

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 『人物物故大年表』