木村英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村 英子
きむら えいこ
生年月日 (1965-05-11) 1965年5月11日(54歳)
出生地 日本の旗 神奈川県横浜市
出身校 神奈川県立平塚養護学校高等部
前職 全都在宅障害者の保障を考える会代表
全国公的介護保障要求者組合書記長
所属政党 れいわ新選組

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

木村 英子(きむら えいこ、1965年昭和40年〉5月11日[1] - )は、日本政治家れいわ新選組所属の参議院議員

全都在宅障害者の保障を考える会代表、全国公的介護保障要求者組合書記長、自立ステーションつばさ事務局長。

0歳時の事故により、重度の身体障害を持つ。脳性麻痺とも診断され、移動手段の電動車椅子を操作する右手以外、体はほとんど動かない。

経歴[編集]

1965年(昭和40年)、神奈川県横浜市で生まれる[1]。生後8か月の時、歩行器ごと玄関から落下、頸椎を損傷し、重度の身体障害を負う。

1972年、「ゆうかり園」に入所。施設に付属した養護学校に通学[1]

1984年神奈川県立平塚養護学校高等部を卒業[1]

家族による介護、施設での生活を拒否し、19歳で東京都国立市にて自立生活を始める[1]

1994年平成6年)、東京都多摩市にて「自立ステーションつばさ」を設立[1]

障害者運動、自立支援に携わる。

2019年令和元年)7月21日執行の第25回参議院議員通常選挙において、山本太郎が結党したれいわ新選組公認で比例区特定枠2位にて立候補。れいわ新選組が比例区で2議席を獲得したため、初当選を果たした[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]