木村錦花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村錦花
1936年頃

木村 錦花(きむら きんか、1877年明治10年)5月17日 - 1960年昭和35年)8月19日)は、歌舞伎狂言作者・歌舞伎研究家・松竹役員。

生涯[編集]

本名は金之助。東京の牛込岩戸町(現・新宿区岩戸町に生まれ、新富町(現・中央区新富)で育った。

父は初代市川左団次一座の役者で、金之助も『市川高之助』の名で子役を勤めてから、文筆に向かった。

1908年(明治41年)(31歳)、年長の友人岡鬼太郎と共に二代目市川左団次明治座に入って、興行主任となり、1912年、左団次が明治座を売り松竹合名社専属になったとき、錦花も松竹に移った。

1919年(大正8年)(42歳)、赤倉富子(劇作家の木村富子)と結婚した。五代目沢村源之助は、二人の間の子である。

1920年、松竹映画の第一号、『島の女』を監督・製作した。

関東大震災後の1925年(大正14年)1月、歌舞伎座が再建開場したとき、幕内部長・立作者代理となった。1928年、松竹の取締役になった。60余の台本を書き、また、『明治座物語』(1928年)、『近世劇壇史歌舞伎座篇』(1936年)、『守田勘弥近世劇壇変遷史』(1943年)(新富座関係)の劇壇史を刊行した。更に、1936年から1940年まで演劇誌『中央演劇』を主宰した。

太平洋戦争末期の1944年、妻富子を喪った。

戦後松竹を退いてから、かつら店を経営した。また、舞台美術連盟の会長を務めた。

1960年に没。享年83。東京都品川区南品川四丁目の天龍寺に、富子と眠っている[1][2]

主な業績[編集]

台本の初演[編集]

  • 『心中二駕籠』、明治座七代目市川中車七代目松本幸四郎ら、(1923年2月)
  • 研辰の討たれ』、歌舞伎座二代目市川猿之助ら(1925年12月)
  • 『稽古中の研辰』、歌舞伎座、二代目猿之助ら(1926年12月)
  • 『恋の研辰』、歌舞伎座、二代目猿之助ら(1927年8月)
  • 『春から冬まで』、歌舞伎座、二代目中村又五郎ら(1928年5月)
  • 『びっくり宿屋』、歌舞伎座、初代大谷広太郎ら、(1928年7月)
  • 『東海道中膝栗毛』、歌舞伎座、二代目猿之助ら(1928年8月)
  • 国定忠治の遺児』、本郷座、二代目猿之助・六代目大谷友右衛門ら(1929年2月)
  • 『十三歳の頼朝』、歌舞伎座、二代目左団次・初代中村吉右衛門ら(1929年5月)
  • 『木曽街道膝栗毛』、歌舞伎座、二代目猿之助・六代目大谷友右衛門ら(1929年8・9月)
  • 『赤穂義士快挙録』、歌舞伎座、二代目猿之助・八代目市川八百蔵ら(1929年12月)
  • 『其時の赤穂城』、歌舞伎座、二代目左団次・十三代目守田勘弥ら(1930年7月)
  • 『九州道中膝栗毛』、歌舞伎座、二代目猿之助・六代目友右衛門ら(1930年8月)
  • 『笹川一家』、歌舞伎座、二代目左団次・七代目幸四郎ら(1930年10月)
  • 『ちぎり伊勢屋』、歌舞伎座、二代目左団次・七代目沢村宗十郎ら(1930年12月)
  • 蝙蝠の安さん』、歌舞伎座、十三代目勘弥ら(1931年8月)
  • 『奥州膝栗毛』、歌舞伎座、二代目猿之助・六代目友右衛門ら(1932年8月)
  • 『続奥州膝栗毛』、東京劇場、二代目猿之助・六代目友右衛門ら(1932年9月)
  • 『金比羅道中膝栗毛』、歌舞伎座、二代目猿之助・六代目友右衛門ら(1933年8月)
  • 『石川五右衛門』、歌舞伎座、二代目猿之助・六代目市川寿美蔵ら(1933年9月)
  • 『出雲道中膝栗毛』、歌舞伎座、二代目猿之助・六代目友右衛門ら(1934年8月)
  • 『森の石松道中記』、歌舞伎座、二代目猿之助ら(1936年8月)
  • 『続 森の石松道中記』、歌舞伎座、二代目猿之助ら(1936年9月)
  • 『弥次喜多日記帳』、歌舞伎座、(1937年8月)

著書[編集]

  • 『一夜夫婦』、金港堂(1903)(初代左団次の序文)
  • 遠藤為春と共著:『助六由縁江戸桜の型』、劇文社(1925)
    • 「近世文芸研究叢書 第2期芸能篇 15(歌舞伎15)、クレス出版(1997)ISBN 4877330275 (set)」に収録。
  • 『明治座物語』、歌舞伎出版部(1928)(幕末以降の前史から、明治座の1893年 - 1923年の歴史・興行の記録)
  • 『日本戯曲全集現代篇第39輯』、春陽堂(1929)(『研辰の討たれ』『稽古中の研辰』『恋の研辰』を収録)
  • 『近世劇壇史歌舞伎座篇』、中央公論社(1936)(1889年11月の歌舞伎座開場から1934年までの歴史・興行の記録)
  • 『三角の雪』、三笠書房(1937)
  • 『灰皿の煙 附・作者辞典』、相模書房(1938)
  • 守田勘弥近世劇壇変遷史』、新大衆社(1943)
  • 『歌舞伎経済史』(『昭和歌舞伎大鑑』、和敬書店、1948に収録)
  • 『興行師の世界』、青蛙房(1957)

脚注[編集]

  1. ^ 墓所一覧”. 文学者掃苔録. 2018年3月10日閲覧。
  2. ^ 天龍寺については『東京都・首都圏の寺社情報サイト「猫の足あと」』を参照。

出典[編集]

  • 木村錦花:『近世劇壇史歌舞伎座篇』、中央公論社(1936)
  • 早稲田大学演劇博物館編:『演劇百科大事典1』、平凡社(1960)p.228
  • 佐藤靄子:『沢村源之助』、光風社書店(1974)