木皿泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夫婦脚本家ユニット。「やっぱり猫が好き」で世に知られ、「すいか」「野ブタ。をプロデュース」等の作品で高い評価を受ける。第22回向田邦子賞受賞。

人物[編集]

和泉 務1952年 - 、兵庫県神戸市出身、男性)は当初漫才構成作家としてライターデビュー[1]妻鹿 年季子1957年 - 、兵庫県西宮市出身、女性)は京都精華短期大学美術科染織コース[2]卒業後、商社勤務を経てシナリオライターとなる(当時のペンネームは本名の妻鹿年季子)[3]

和泉は木皿泉のペンネームでシナリオを書き始めるが、『やっぱり猫が好き』の脚本依頼を機に妻鹿とペアを組み、共同のペンネームとなる。ちなみにペンネームの由来は「キザな和泉」から。[要出典]

和泉は『すいか』の脚本の執筆後の2004年に脳出血で倒れ、病院で生死の境をさまよい、退院後は重度の後遺症のため妻鹿の介護介護保険サービスを受け生活している[4]

なお、この出来事を機に妻鹿は和泉との結婚を決意、2007年1月に婚姻届を提出した[5]

妻鹿は『セクシーボイスアンドロボ』の脚本を書く頃からうつ病を発症し(そのため4・5・7話の脚本が代理執筆)、治療しながら脚本を書いていたことをインタビューや講演、著書『二度寝で番茶』などで赤裸々に語っている。仕事の成功を祈願する時に生田神社絵馬を奉納する。[要出典]

二人とも大の読書家で、ドキュメンタリー番組ではバリアフリー化と共に壁という壁が本棚にリフォームされている自宅の様子が見られた。エアコンも扇風機も必要がないと言い、脚本もワープロで書くなどアナクロなポリシーを持つが、捜しても本が見付からない時は、通販で買った方が早い、と言うなど合理的な一面も見られた[注釈 1]

互いに相手を「とむくん」「ときちゃん」と呼び合う[7]

共同で脚本を書くスタイルは独特で、まずは二人で登場人物その他の設定を考え、後は妻鹿がほぼ一人で執筆していく。そして妻鹿が行き詰ると和泉が膨大な知識や経験を元にアイデアを捻り出し場面を展開していく、というもの[7][8]

連ドラの執筆中は河野英裕プロデューサーが打ち合わせのため東京から神戸に通ったり、脚本の遅れから撮影が遅れ、編集作業の完了が放送直前になることもしばしばあることから、脚本家としては遅筆であることが有名。[要出典]

来歴[編集]

2003年には、『すいか』(日本テレビ系列)で連続テレビドラマにも進出[9]。視聴率こそ振るわなかったものの、連ドラ初脚本にも関わらず第22回向田邦子賞が贈られるなど、高い評価を受けた。翌2004年11月には、全話の脚本が“シナリオBOOK”として刊行された。

野ブタ。をプロデュース』(2005年、日本テレビ系列)は平均視聴率16.88%[10]、最高18.2%を最終話で記録するなど[注釈 2]、好調な視聴率だった。

原作で男子だった“野ブタ”役を女子に設定変更したことについては、放送局・スポンサー側の意向によるものと広く受け止められていたが、制作開始にあたり木皿側が求めたことだった[11]。のちに行われた書籍のインタビューで、木皿自身も明らかにしている[注釈 3]。また、ほかの木皿作品同様に、ストーリーに内包しているメッセージは大きく深く、最終回放送後から続編やDVD化を望む声が殺到した。

執筆に当たって、「十代の人のために、真剣に、わかりやすく、媚びずに」を念頭においていたと語る。その内容は高く評価され、ザテレビジョン誌主催の第47回ドラマアカデミー賞で最優秀賞作品等6部門を制覇した[13]。最優秀作品賞、主演男優賞(亀梨和也)、助演女優賞(堀北真希)、脚本賞(木皿泉)、監督賞(岩本仁志ほか)および音楽賞を贈られている。

2007年4月に新設された日本テレビ系列の新ドラマ枠(火曜日22時台)第1弾となる、『セクシーボイスアンドロボ』の脚本を担当した。

『すいか』以降担当している日本テレビのドラマ作品は全て同社の河野英裕がプロデュースしている[注釈 4]

2013年上演の『君ほほえめば』から舞台脚本を手掛けることになった(作・演出は演劇ユニット「ピースピット」主催の末満健一)[注釈 5]が、後に依頼を受けた『すうねるところ』の方が先に2012年に上演された[注釈 6]

『君ほほえめば』では主役の引きこもり青年の父母役として和泉、妻鹿共に声の出演をした。

2013年には、『昨夜のカレー、明日のパン』で小説家デビューを果たす。本作は『すいか』に感銘を受けた小野寺優(当時河出書房新社編集者)の依頼により2004年に執筆が開始されたものの、病気や多忙により執筆が中断されていたものを、河出書房新社の代表取締役社長に就任した小野寺の強い後押しにより9年越しで完成させた作品である。自身初の小説であるものの、第11回本屋大賞(第2位)や第27回山本周五郎賞の候補に選出されるなど、高い評価を受ける。2014年10月には、自身の脚本によりNHK BSプレミアムでドラマ化された[18]2019年には『カゲロボ』で第32回山本周五郎賞候補。

脚本・原作[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオドラマ[編集]

舞台[編集]

連載[編集]

  • 『小説推理』(双葉社)にエッセイ「二度寝で番茶」を2009年1月より2010年1月まで連載(同社より単行本化)[32][33]
同誌にエッセイ「マイ シークレット ライフ」を2014年1月から寄稿、2018年12月現在、連載中[34]
  • 『波』(新潮社)に「カゲロボ」を 2014年5月[35]から2017年5月[36]まで36回連載[37]
  • 神戸新聞NEXTに2018年12月28日現在、『木皿食堂』を連載中[38](双葉社より単行本化)[39][40][41][42]
  • 冊子「scripta」(紀伊國屋書店)に『ぱくりぱくられし』を2012年から連載開始[43]、 2018年現在、第12巻第3号まで連載中[44]

書籍・雑誌[編集]

ノベライズ[編集]

  • すいか
  • 「すいか」『1997年版 テレビドラマ代表作選集』日本放送作家組合; 日本脚本家連盟、日本放送作家組合、1998年。ISBN 9784931046207。NCID BN03821880
  • 『すいか : シナリオBook』山田あかね、日本テレビ放送網、2004年。ISBN 4820399063。NCID BA72526957 - 受賞作品として芸術祭大賞優秀賞、向田邦子賞、芸術祭ラジオドラマ部門大賞・優秀賞作品を掲載、※7話のみ山田あかね。
  • 文庫に改版、2冊 『すいか』山田 あかね、河出書房新社〈河出文庫〉、2013年。NCID BB13431141 -[き7-1] 第1話–第5話 ISBN 9784309412375。[き7-2] 6話–10話+オマケ、※7話のみ山田あかね ISBN 9784309412382。
  • 『ハル』マッグガーデン、2013年。ISBN

9784800001825

  • 『野ブタ。をプロデュース : シナリオbook』白岩玄、河出書房新社、2014年。ISBN 9784309412740。NCID BB15208913
  • 木皿食堂 
  • 『木皿食堂』双葉社、2013年。ISBN 9784575305296。NCID BB12612311
  • 『6粒と半分のお米 (木皿食堂 / 木皿泉著)』双葉社〈双葉文庫〉、2015年。ISBN 9784575308730。NCID BB18837664
  • 『木皿食堂』双葉社〈双葉文庫〉、2016年。ISBN 9784575714524。NCID BB2171757X
  • 『お布団はタイムマシーン (木皿食堂 / 木皿泉著)』3、双葉社〈双葉文庫〉、2018年。ISBN 9784575313376。NCID BB25798595

小説[編集]

  • 『二度寝で番茶』土橋とし子 (絵); 高山なおみ (料理)、双葉社、2010年。ISBN 9784575302547。NCID BB03523458
  • 「夕子」『文藝』第52巻第2号、河出書房新社 (編)、2013年5月、 208-221頁、 ISSN 0525-1885
  • 昨夜 (ゆうべ) のカレー、明日 (あした) のパン[注釈 8]
  • 『昨夜 (ゆうべ) のカレー、明日 (あした) のパン』河出書房新社、2013年。ISBN 9784309021768。NCID BB12449946
  • 文庫に改版 『昨夜 (ゆうべ) のカレー、明日 (あした) のパン』河出書房新社〈河出文庫〉、2016年。ISBN 9784309414263。NCID BB20537095

エッセー[編集]

  • 『木皿泉 : 総特集 : 物語る夫婦の脚本 (これまで) と小説 (これから)』河出書房新社〈KAWADE夢ムック (文藝)〉、2013年。全国書誌番号:22229959ISBN 9784309977935。NCID BB12605429
  • 増補新版 『木皿泉 : 総特集 : ますます物語る夫婦作家のこれから』河出書房新社〈KAWADE夢ムック (文藝)〉、2018年。ISBN 9784309979489。NCID BB26655301
  • 「苺のケーキ」『おやつ : アンソロジー』PARCO出版、2014年。ISBN 9784865060553。NCID BB15544579
  • 「ダンナの祖母がくれたもの」『ほんのきもち』扶桑社、2018年。ISBN 9784594079000。NCID BB27011326

映像メディア[編集]

  • セクシーボイスアンドロボ
  • しあわせのカタチ
  • 永久保存版DVDブック  (ビデオディスク 1枚 + スペシャルブック) 木皿泉 : しあわせのカタチ : 脚本家・木皿泉創作の "世界". NHK DVD. NHKエンタープライズ; 河出書房新社 (発売).. (2015年). ISBN 9784309024103 [49]
  • DVDブック 木皿泉 (出演) (2015年12月) (ビデオディスク 1枚 (86分) + 1冊). 木皿泉-しあわせのカタチ-. NHK DVD. NHKエンタープライズ; 河出書房新社.. ISBN 9784309024103. 全国書誌番号:22670248 
  • Blu-ray box  (Blu-ray Disc 4枚 (343分) + 2冊) 昨夜のカレー、明日のパン Yuube no curry, ashita no pan. NHKエンタープライズ; ポニーキャニオン.. (2015年). PCXE-60101  木皿泉 (原作・脚本); 阿南亮子 (音楽); 高山なおみ (料理監修); 磯智明/中山ケイ子 (制作統括); 茂原雄二/阿部雅和/佐々木詳太 (演出)[注釈 9]
  • 富士ファミリー
  • (ビデオディスク 1枚 (116分)) 富士ファミリー. NHK DVD. NHKエンタープライズ.. (2016年) 
  • (ビデオディスク 1枚 (134分)) 富士ファミリー2017. NHK DVD. NHKエンタープライズ.. (2017年) 
  • DVD-box (ビデオディスク5枚 + 1冊; (438分)) Q10 ディレクターズカット:director's cut edition. バップ.. (2011年3月). VPBX-14921  木皿泉 (脚本); 狩山俊輔/佐久間紀佳 (演出); 金子隆博/小山絵里奈 (音楽); DISC5は映像特典ディスク; カラー; ステレオ; ビスタ; 字幕:日。

関連図書[編集]

  • コミック化 『昨夜のカレー、明日のパン』渡辺ペコ、幻冬舎コミックス; 幻冬舎 (発売)〈バーズコミックス〉、2016年。ISBN 9784344836112。NCID BB22769502 - コミック化
  • 翻訳版 毛, 叶枫 (2017) (中国語). 昨夜的咖哩, 明日的面包 (Zuo ye de ka li, ming ri de mian bao). 读客外国小说文库. 中国南京: 江苏凤凰文艺出版社. ISBN 9787559408716. NCID BB2710062X. 
  • 人物評 島崎今日子「現代の肖像 木皿泉 脚本家」『Aera』第23巻47 (掲載通号1251)、2010年10月25日、 62-66頁、 ISSN 0914-8833 - 妻鹿年季子のシナリオ作家としての伝記[注釈 10]
  • 死生観 宇野常寛「ゼロ年代の想像力--「失われた10年」の向こう側 (第6回) ふたつの「野ブタ。」のあいだで--バトルロワイヤルの離脱条件」『SFマガジン』第48巻12 (620)、2007年12月、 226-233頁。 - 木皿の描くテーマと独特の死生観に注目[注釈 11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年発売の「木皿泉〜しあわせのカタチ〜DVDブック」のコメンタリーでは、ワープロは使い続けているが、エアコンは購入したと語っている[6]
  2. ^ 「野ブタ。をプロデュース」第10回 (2002年12月17日) 視聴率 (69分) 18.2%[10]
  3. ^ TVドラマ『野ブタ。をプロデュース』(2005年) の当時は「ふたりでひとつ」の男女ペアの覆面作家として正体を明かさなかった木皿泉が、長時間の取材を受けて『すいか』をバブル批判として書いたこと、『野ブタ。』に託したメッセージを述べた[12]
  4. ^ 木皿泉脚本と河野英裕プロデューサーとのコンビは 『すいか』(2003年)、 『セクシーボイスアンドロボ』(2007年)、 『Q10』(2010年)[14]、 『おやじの背中』(2014年)[15]
  5. ^ 『君ほほえめば』上演期間は2013年3月14日–18日、会場は兵庫・神戸アートビレッジセンター[16]
  6. ^ 『すうねるところ』上演期間は2012年8月27日–9月9日(東京都・三軒茶屋シアタートラム)と2012年9月13日–9月14日(兵庫県神戸市兵庫県立芸術文化センター)。木皿泉(脚本)のほか内藤裕敬(演出)[17]
  7. ^ ギャラクシー賞優秀賞[21]
  8. ^ 初出は『別冊文藝春秋』2013年7月号[37]、第11回本屋大賞2位[45]
  9. ^ Blu-ray box『昨夜のカレー、明日のパン Yuube no curry, ashita no pan』の付録ブックレット2冊のうち1冊は『昨夜のカレー、明日のパン』第4回『幽霊と△』決定稿。DVDの形式はカラー; ステレオ; ワイド; PCM; 字幕: 日。
  10. ^ 島崎今日子著『〈わたし〉を生きる : 女たちの肖像』[50]に収載。
  11. ^ 『SFマガジン』連載 (2007年7月号-2008年6月号) に大幅に加筆、単行本[51]に収載。

出典[編集]

  1. ^ 『さざなみのよる』を刊行…木皿泉さん”. yomiuri online. 読売新聞 (2018年6月28日). 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ 美術科染織コース卒業生 木皿泉さん 『木皿食堂』出版
  3. ^ 島崎 今日子「現代の肖像 木皿泉 脚本家」『AERA』第23巻47 (掲載通号1251)、2010年10月25日、 62-66頁、 ISSN 0914-8833
  4. ^ 木皿 泉「私が選んだ未来 木皿泉 脚本家 人気脚本家コンビの日常はドラマより波瀾万丈 50代で相棒が脳出血に倒れ、結婚する覚悟が固まった」『婦人公論』第100巻23 (1437)、2015年11月24日、 26-29頁。
  5. ^ 【木皿 泉こと 和泉 務さん × 妻鹿年季子さん】世話をするから大事になる、手放したくなくなるんです。【後編】”. マガジンハウス (2018年2月15日). 2018年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  6. ^ 木皿泉 (出演)『木皿泉-しあわせのカタチ-DVDブック 永久保存版DVD + スペシャルブック』NHKエンタープライズ; 河出書房新社〈NHK DVD〉、2015年12月。ISBN 9784309024103。 ビデオディスク 1枚 (86分) : DVD + 1冊; カラー; ステレオ; ワイド; 音声: コメンタリー。
  7. ^ a b 【木皿 泉こと 和泉 務さん × 妻鹿年季子さん】世話をするから大事になる、手放したくなくなるんです。【前編】”. マガジンハウス (2018年2月14日). 2018年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  8. ^ 木皿 泉「インタビュー 木皿泉--共同執筆が脚本を新鮮にしてくれた」『小説tripper : トリッパー』第2008巻冬季、2008年、 18-25頁。
  9. ^ a b 日本テレビ放送 2004.
  10. ^ a b 視聴率 > 2005年10~12月 > ランキング”. artv (2002年). 2018年12月28日閲覧。
  11. ^ TVぴあ』2005年10月19日号「岩本仁志ディレクター『野ブタ。をプロデュース』日記」第1回
  12. ^ 宇野常寛他 (2006年8月13日). 第二次惑星開発委員会. ed. “「野ブタ。パワーの注入法」”. PLANETS 2. http://wakusei2ndplanets.web.fc2.com/ 2018年12月28日閲覧。. 
  13. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:結果発表 2006年1月25日発表
  14. ^ 河野英裕 (プロデューサー) (2010年9月2日). “Q10スタッフ日記”. 日本テレビ. 2011年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  15. ^ 木皿泉と堀北真希が「野ブタ。」以来の注目タッグ!「おやじの背中」第5話「ドブコ」”. ザテレビジョン (2014年8月10日). 2014年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  16. ^ ニュース > 脚本家の木皿泉×演出家の末満健一が舞台でタッグ、神戸の洋館舞台にほろ苦い日常描く”. CINRA. inc (2013年3月5日). 2016年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  17. ^ 脚本家・木皿泉が舞台脚本に初挑戦、薬師丸ひろ子が14年ぶり舞台復帰”. CINRA. inc (2012年5月18日). 2016年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  18. ^ プレミアムドラマ 『昨夜のカレー 明日のパン』 制作開始!
  19. ^ 日本テレビ放送 2006.
  20. ^ 双葉社 2011.
  21. ^ NHKエンタープライズ 2015.
  22. ^ 河出書房新社 2013.
  23. ^ 幻冬舎 2016.
  24. ^ 河出書房新社 2016.
  25. ^ NHKエンタープライズ 2016.
  26. ^ NHKエンタープライズ 2017.
  27. ^ マッグガーデン 2013.
  28. ^ 河出書房新社 2013a.
  29. ^ 河出書房新社 2013b.
  30. ^ 河出書房新社 2014a.
  31. ^ 河出書房新社 2014b.
  32. ^ 双葉社 2010.
  33. ^ 「ぱくりぱくられし (第13回)「自分は自分でいいんだと思えるところからしか、オリジナルなものは出てこないと思う」(『二度寝で番茶』より)」『Scripta』第9巻4 (掲載通号 36)、2015年、 14-16頁。
  34. ^ 「マイ シークレット ライフ」『小説推理』、双葉社、 161-168頁。
  35. ^ 「カゲロボ (1) G (前編)」『波』1 (掲載通号529)、新潮社 (編)、2014年1月、 101-107頁。
  36. ^ 「カゲロボ日記 (最終回) コレデオシマイ」『波』5 (掲載通号569)、新潮社 (編)、2017年5月、 88-91頁。
  37. ^ a b 木皿泉 雑誌掲載記事”. 2018年12月28日閲覧。
  38. ^ 木皿食堂「人を信じる」(連載・特集 > エッセー・評論)”. 神戸新聞NEXT. 2018年12月28日閲覧。
  39. ^ 双葉社 2013.
  40. ^ 双葉社 2015.
  41. ^ 双葉社 2016.
  42. ^ 双葉社 2018.
  43. ^ 「ぱくりぱくられし (新連載・第1回)「2010年には、まだあるのよ奇跡が」(『Q10』9話より)」『Scripta』第6巻4 (掲載通号 24)、2012年、 22-24頁。
  44. ^ 「ぱくりぱくられし (第23回)」『Scripta』第12巻3 (掲載通号 47)、2018年、 12-14頁。
  45. ^ BOOK STAND (2014年4月8日). “BOOKSTAND: 超速報!!「本屋大賞2014」は和田竜さん『村上海賊の娘』に決定!!”. AERA dot 朝日新聞社. 2018年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  46. ^ 2014年本屋大賞第2位『昨夜のカレー、明日のパン』から5年、木皿泉の小説第2作『さざなみのよる』発売! 河出書房新社”. PR TIMES (2018年4月18日). 2018年12月28日閲覧。
  47. ^ 朝山実 (2018-06-20). “《話題の新刊)》さざなみのよる 木皿 泉著”. 週刊朝日 (AERA dot 朝日新聞社) (2018年6月29日号). https://dot.asahi.com/ent/publication/reviews/2018061900014.html 2018年12月28日閲覧。. 
  48. ^ (創作は)いろんなものをかき集め、風呂敷でギュッとまとめた感じ(妻鹿)、夫婦で縁起物を作っているようなもん(和泉)。山本真也 (2018年7月18日). “ぐるっと兵庫、大阪、京都 > 5年ぶりの小説発表 夫婦脚本家・木皿泉 「死」残った人のために:『さざなみのよる』”. 毎日新聞 地方版. http://mainichi.jp/articles/20180718/ddl/k27/040/359000c 2018年12月28日閲覧。  会員限定有料記事
  49. ^ 脚本家・木皿泉の密着映像がDVD化、闘病記やシナリオ収めた書籍付き - movieニュース”. CINRA.NET (2015年11月5日). 2015年12月19日閲覧。
  50. ^ 島崎今日子「3 木皿泉・脚本家―日常を輝かせる魔法のドラマ」『〈わたし〉を生きる : 女たちの肖像』紀伊國屋書店、2011年7月。全国書誌番号:21959468ISBN 9784314010788。NCID BB06346224
  51. ^ 宇野常寛『ゼロ年代の想像力』早川書房、2008年7月。ISBN 9784152089410。NCID BA86604243