木花知流比売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木花知流比売

神祇 国津神
全名 木花知流比売
別名 木花知利比売
大山津見神
配偶者 八島士奴美神
布波能母遅久奴須奴神

木花知流比売(このはなちるひめ)は、日本神話に登場する女神

概要[編集]

古事記』に登場する国津神で、名称や系譜以外特に事績に関する記述はなく、『日本書紀』に記述はない。粟鹿神社の書物『粟鹿大明神元記』では木花知利比売(このはなちりひめ)と表記されている。

大山津見神木花之佐久夜毘売石長比売神大市比売手名椎・足名椎などたくさんの神をもうけているが、木花知流比売もその一柱。八島士奴美神の妃となった。

「木花」は「桜の花」、「知流」は「散る」と解し、名義は「桜の花が散ること」で、この性格は子の布波能母遅久奴須奴神にも受け継がれていると考えられる[1]

系譜[編集]

須佐之男命から大国主神までの系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神

大山津見神の娘の一人で、須佐之男命が大山津見神の孫の櫛名田比売命を娶って産んだ神八島士奴美神との間に、布波能母遅久奴須奴神を産んでいる。

その他[編集]

新潟市の海辺の森には木花知流姫と名づけられた桜がある[2]

参考文献[編集]

  1. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  2. ^ 海辺の森 公式サイト 海辺の森日記2018年4月12日

関連項目[編集]