木谷公亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木谷 公亮 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キタニ コウスケ
ラテン文字 KITANI Kosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-10-09) 1978年10月9日(40歳)
出身地 千葉県鎌ヶ谷市
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2004 大宮アルディージャ 46 (3)
2005-2009 ベガルタ仙台 159 (2)
2010-2013 サガン鳥栖 75 (6)
2013-2014 FC岐阜 42 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月8日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

木谷 公亮(きたに こうすけ、1978年10月9日 - )は、千葉県鎌ヶ谷市出身の元プロサッカー選手。サッカー指導者。ポジションはディフェンダー(DF)

来歴[編集]

修徳高国士舘大を経て、2001年大宮アルディージャに入団。4年間プレーするが、2004年戦力外となり退団。

トライアウトを経て、2005年ベガルタ仙台へ完全移籍。仙台ではセンターバックのレギュラーを獲得。チームの守備の要として確固たる存在感を示す。しかし2009年渡辺広大と新加入のエリゼウのコンビが定着して出場機会が激減。リーグ戦わずか2試合しか出場できず、同年シーズン終了を以って戦力外となり退団。

2010年からサガン鳥栖でプレーする。2011年は自身初のリーグ戦全試合フル出場を果たし、鳥栖のJ1昇格に貢献した。2012年ガンバ大阪とのプレシーズンマッチで右膝前十字靱帯損傷の重傷を負い、全治6ヶ月と診断された[1]。リハビリを経て同年10月27日のJ1第30節・アルビレックス新潟戦で途中出場(85分、野田隆之介との交代で)を果たし、34歳0ヶ月18日でのJ1リーグ戦初出場(2部制導入後、日本人選手では史上最年長)を記録した。

2013年はカップ戦1試合の出場に留まり、7月にFC岐阜期限付き移籍[2]2014年シーズンはFC岐阜へ完全移籍した[3]。同年はリーグ戦に20試合超出場するも、11月に同年限りでの現役引退を発表した[4]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 国士大 27/2 JFL 6 1 - 2 0 8 1
2000 15 14 3 - - 14 3
2001 大宮 26 J2 1 0 0 0 0 0 1 0
2002 2 0 - 3 0 5 0
2003 13 25 2 - 2 0 27 2
2004 18 1 - 2 0 20 1
2005 仙台 2 J2 41 1 - 1 0 42 1
2006 45 0 - 2 0 47 0
2007 41 0 - 0 0 41 0
2008 30 1 - 0 0 30 1
2009 2 0 - 2 0 4 0
2010 鳥栖 J2 33 3 - 2 0 35 3
2011 38 3 - 0 0 38 3
2012 J1 4 0 0 0 0 0 4 0
2013 0 0 1 0 - 1 0
岐阜 35 J2 17 1 - 1 0 18 1
2014 25 0 - 0 0 25 0
通算 日本 J1 4 0 1 0 0 0 5 0
日本 J2 318 12 0 0 15 0 333 12
日本 JFL 20 4 - 2 0 22 4
総通算 342 16 1 0 17 0 360 16

指導歴[編集]

  • 2015年 - 2018年 サガン鳥栖 トップチームコーチ
  • 2019年 - ベガルタ仙台 トップチームコーチ[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]