木谷明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木谷 明(きたに あきら、1937年12月15日 - )は、日本裁判官。退官後に法政大学法科大学院教授を務めた。

経歴[編集]

囲碁棋士[1]木谷實九段の次男として神奈川県平塚市に生まれる。毎日放送アナウンサーの吉田智子は妹。

東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、1961年に大学を卒業して司法研修所に入所。司法修習を経て1963年判事補任官(東京地裁)。浦和地裁部総括判事や最高裁判所調査官などを経て、2000年5月に東京高裁部総括判事で退官。同年6月、公証人(霞ヶ関公証役場)となる。2004年から2012年まで法政大学法科大学院教授を務め、2012年より弁護士

2008年瑞宝重光章を受章。現役中に約30件の無罪判決を確定させ、刑事司法の現状につき苦言を呈している[2]

1997年東電OL殺人事件の一審で無罪となったネパール国籍の被告人に対する検察側の勾留請求に対し、職権発動をしない旨を決定する。著書の『刑事裁判の心―事実認定適正化の方策』は、周防正行が映画作りの参考本にし、映画『それでもボクはやってない』の前半部に出てくる人権派の裁判官は、木谷がモデルである[3]

最高裁判所調査官として担当した裁判[編集]

最高裁判所調査官時代に木谷が担当し判例百選に掲載された7つの裁判は次のとおり。

  • S54.7.31 刑罰法規の解釈(鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律違反被告事件)
  1. 関連:判例百選 刑法I [第7版] 1事件
  • S55.1.28 わいせつ概念の再構築 (「四畳半襖の下張り」事件)
  1. 判例百選 憲法I [第6版] 58事件
  • S55.10.30 自動車の一時使用と不法領得の意思
  1. 判例百選 刑法II [第7版] 32事件
  1. 判例百選 刑法II [第7版] 20事件
  2. 判例百選 憲法I [第6版] 69事件
  • S57.7.16 共同正犯と幇助犯
  1. 判例百選 刑法I [第7版] 77事件
  • S57.11.16 道交法による集団行進の規制
  1. 判例百選 憲法I [第6版] 90事件
  1. 関連:判例百選 憲法I [第6版] 16事件

その他、1983年柏の少女殺し事件再抗告審においては、木谷は「保護処分不取消決定に対しても一定限度で上訴を認めるべき」とするまったく新たな法解釈を示した報告書を提出し、それに基づいて最高裁は原決定の取消差戻しを決定している[4]

主著[編集]

  • 『刑事裁判の心―事実認定適正化の方策』(新版、法律文化社、2004年) ISBN 978-4589027641
  • 『事実認定の適正化―続・刑事裁判の心』(初版、法律文化社、2005年) ISBN 9784589028549
  • 『刑事事実認定の基本問題』(初版、成文堂、2008年) ISBN 9784792317881
  • 『刑事裁判のいのち』(法律文化社、2013年) ISBN 978-4589035387
  • 『「無罪」を見抜く-裁判官・木谷明の生き方』(岩波書店、2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 中山 2003, pp. 37-40, 第三話 秒針の轟き-木谷師を送るの辞
  2. ^ 「私はかなり多くの無罪判決を出しましたが、1件だけしか控訴されませんでした。でも、無罪判決にはたいてい検察官が控訴します。控訴されると無罪判決が破棄されることが多いのも事実です。控訴されない無罪判決を書くには技術が要ります。いろいろな事件で苦労してはじめて一人前の裁判官になると思うのですが、無罪判決を書く苦労をしていない裁判官が多いのは残念なことです。その結果、検察に物申すような裁判官が私の現役時代と比べて減ってしまいました。皆さん天下の大秀才なのでしょうが、腹の据わった裁判官はどこにいってしまったのでしょうね。この国の刑事司法の先行きが本当に心配です。」『週刊現代』2013年6月1日号記事。
  3. ^ 周防正行『それでもボクはやってない』(幻冬舎 、2007年) ISBN 9784344012738
  4. ^ 木谷明『事実認定の適正化』続・刑事裁判の心、法律文化社、2005年、274-275頁。ISBN 978-4589028549。

参考文献[編集]