木辺弘児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木辺 弘児(きべ こうじ、1931年 - 2008年2月2日)は、日本作家小説家。本名は住田 晴幹(すみた はるき)。

人物[編集]

1931年兵庫県神戸市に生まれる。大阪大学の理学部を卒業する。1977年から大阪文学学校に通う。「水果て」および「月の踏み跡」は、芥川賞の候補作品となった。ミノルタの研究開発者および、後に取締役を務めていた。

2008年2月2日急性心不全のために、兵庫県西宮市で死去した。