未来放浪ガルディーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プロジェクト ライトノベルPJ ライトノベル
ポータル 文学

未来放浪ガルディーン』(みらいほうろうガルディーン)は、火浦功によるSF小説のシリーズ。

概要[編集]

本作の元になったのは、1980年代前半にゆうきまさみがカットを担当していた『アニメック』のアニメーション評論ページである[1]。そこに漫画『ストップ!! ひばりくん!』の「美少女のような男性」大空ひばりが『うる星やつら』の「男として育てられた女性」藤波竜之介に「てめえなんかにオレの気持ちがわかってたまるかーっ!!」と殴り飛ばされているカットを描いた際、それをヒントに火浦と出渕裕が「性別が逆転したような二人組が主人公の珍道中もの」としてアニメーションの企画にまとめた[1]。更にゆうきの協力も得て、アニメの企画として通りやすくするために「(感情豊かな)巨大ロボット」の要素を付加し、製作会社に持ち込んだ[2]。しかし企画は通らず、企画買い取りでもなかったので、そのまま引き上げてしまった[2]

その後、火浦が「企画そのものは面白いから小説にしたい」と両者に提案し、『未来放浪ガルディーン』が誕生することとなる[2]。それ故に本作は、メディアミックスでないにもかかわらず「巨大ロボットが活躍する小説」という、1986年当時としては珍しい内容になった[2]。なお、執筆しているのは火浦だが、キャラクターデザインをゆうき、メカデザインを出渕が担当しており(イラストは両者が分担して担当)、誕生の経緯も含めると、実質的にはこの3人が共同原作者であるとも言える。また、毎巻の最後にはあとがきの代わりとして、ちょっとした短編程の長さの三者鼎談が収録されている。

火浦の作家としての実力に加え、同時期に生まれた企画である『パトレイバー』の持つリアリティや、ゆうきの作品である『究極超人あ〜る』に見られるナンセンスなコメディが合わさった事で、本作は非常に娯楽性が高く仕上がっている。パロディや楽屋ネタも多く、「すちゃらか」と呼ぶに相応しい物語である。

あらすじ[編集]

時代は遥か未来。文明崩壊後の戦国、波乱の時代。強大な武力を誇るヴァルマー帝国は、300年の伝統ある名門フレイヤー家を滅ぼした。これにより、全国統一の野望に燃えるジョージ〈無謀王〉ヴァルマーに対抗する勢力はほぼ壊滅した。しかし、男として育てられたフレイヤー家の王女コロナ〈筋肉娘〉フレイヤーは生き残り、単騎ヴァルマー宮殿に乗り込み、父の仇であるジョージを見事討ち取った。

すぐさまお尋ね者となったコロナは、ひょんなことから知り合ったシャラ=シャール・酒姫スリム〈口先男〉ブラウンと共に放浪の旅に出る。そして逃げた先で出会ったのは、旧世紀の巨大機動メカ、T-178ガルディーンであった。

書誌情報[編集]

角川文庫[編集]

  1. 大熱血。(1986年8月) ISBN 4-04-162702-8
  2. 大暴力。(1987年8月)

角川スニーカー文庫[編集]

本編[編集]

  1. 大熱血。 無敵が俺を呼んでるぜ! (改版 1998年3月)
  2. 大暴力。 かわいいだけじゃダメかしら (改版 1998年3月)
  3. 大豪快。 勝手にしやがれ……ってか! (2000年12月)

外伝[編集]

  1. 大出世。(1994年4月)
  2. 大ハード。(1998年3月)

関連作品[編集]

  • イメージ・アルバム
    • 未来放浪ガルディーン 大歌劇。(ダブリューイーエー・ジャパン 1992年4月)
  • カセットブック
    • 未来放浪ガルディーン 大熱血。(角川書店(カドカワカセットブック) 1988年11月)

登場人物[編集]

()内はイメージ・アルバム「大歌劇。」「大熱血。」での声優

コロナ一行[編集]

コロナ〈筋肉娘〉フレイヤー(田中真弓
父ガイ(すちゃらか王)の趣味により男として育てられ、女性の振舞がしたくても出来ない王女様。化け物並みの身体能力を誇るが、王室育ちらしく世間知らず。父王の敵、ヴァルマーを討ったことで帝国に追われる身となった。大のネズミ嫌い。
シャラ〈シャール〉酒姫(井上瑤
酒姫の読みは「さき」。
一見、可憐な美少女だが実は男。女の武器も使いこなすお尋ね者。その過去は不明だが、無意識のうちにガルディーンやコーラリリーフなどの仕様などを口走る。コロナの敵討ちの現場に居合わせたため、共に追われることになった。
スリム〈口先男〉ブラウン(鈴置洋孝
口先ひとつで金品を巻上げ、世間を渡るお調子もの。シャラとは長い腐れ縁。大の賭博好きだが、とんでもなく弱い。
T-178ガルディーン(塩沢兼人)(※「大熱血」では銀河万丈
自律型で、歌って踊れてベタ塗りも出来る戦闘メカ、「オーガニックエンフォーサー」を自称するが、武器を使うよりもまず口を使うことが多い。コロナを自分のパイロットとして認識し、旅に同行するが、コロナには怒られることが多く、たびたびいじけている。
ヤマト・マーベリック一尉富山敬
この作品唯一の常識人。殖民惑星からやって来た為、地球の現状を知らない。

ヴァルマー帝国[編集]

ジョージ〈無謀王〉ヴァルマー(郷里大輔
辺境の油売りから、たった一代で帝国を築き上げた立派な成り上がり者。
キリー〈陰険王〉レステス(青野武
ヴァルマー帝国乗っ取りを画策し、目的のためにはどんな卑怯な手も使う。寒い小噺を披露しては、周囲を地獄に引きずり込む。
ベリアル少佐(神谷明
キリーの懐刀として汚れ役を一手に引き受け、コロナ抹殺を遂行するもいつも未遂に終わり、彼女に接触するたび、体の一部を失うハメに陥っている。
アルタミラ〈出戻り〉カーン(榊原良子)(※「大熱血」では多岐川まり子
トロイの教育係。ヴァルマーの息子であるトロイを王位につけるため、軍を率いてトロイと共にコロナ討伐に向かうが、未だ目的を達成できず、帝国に戻れずにいる。美人だが、キツイ性格をしている。
トロイ〈軟弱王〉ヴァルマー(難波圭一
父〈無謀王〉とは正反対の大人しくおっとりした性格の王子。
ブラスターキッド・レーベンブロイ(銀河万丈)
ハードボイルドが売りの賞金稼ぎ。コロナの首を狙ってトロイの討伐隊にちゃっかり加わる。

その他の勢力[編集]

ガイ〈すちゃらか王〉フレイヤー(田中亮一
故人。コロナの父親。
コーラルリーフ〈さんごちゃん〉(笠原弘子
「大歌劇。」に登場する原子力潜水艦。ガルディーンと同様に自律型。
エイハブ沖田(納谷悟朗
「大歌劇。」に登場。捕鯨戦艦「怒涛号」の船長。モビィ・ディック(コーラルリーフの事)に片足を喰いちぎられ、復讐を誓う。
ますこみ族(出渕裕、為替良月、米田裕、宮脇加奈子)
先祖代々の伝承を守り、事件の現場に必ず現れ取材やインタビューを行う。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 火浦功出渕裕ゆうきまさみ 「大無謀対談ー"ガルディーン"のつくりかた」『未来放浪ガルディーン① 大熱血。』 角川書店角川文庫〉、1986年8月25日、11版、295-296頁。ISBN 4-04-162702-8。
  2. ^ a b c d 火浦功出渕裕ゆうきまさみ 「大無謀対談ー"ガルディーン"のつくりかた」『未来放浪ガルディーン① 大熱血。』 角川書店角川文庫〉、1986年8月25日、11版、297-298頁。ISBN 4-04-162702-8。