未知への飛翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
未知への飛翔
クリス・スクワイアスタジオ・アルバム
リリース
録音 1975年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース クリス・スクワイア
テンプレートを表示

未知への飛翔 (Fish Out of Water) は、クリス・スクワイアソロ・アルバム。

概要[編集]

1975年から1976年にかけて行われた、イエスの5人のメンバー全員がソロ・アルバムをリリースする、という企画の一環であり、当該企画でスティーヴ・ハウに続いて二番目にリリースされた。

収録曲[編集]

A面
  1. ホールド・アウト・ユア・ハンド - "Hold Out Your Hand" – 4:13
  2. ユー・バイ・マイ・サイド - "You By My Side" – 5:00
  3. サイレントリー・フォーリング - "Silently Falling" – 11:27
B面
  1. ラッキー・セヴン - "Lucky Seven" – 6:54
  2. セイフ - "Safe (Canon Song)" – 14:56

内容[編集]

クリス・スクワイア自身が作曲と歌唱、ベース演奏を担当している。以前在籍していたバンド、シンThe Syn)でオルガンを担当していたアンドリュー・ジャックマン (Andrew Jackman) がオーケストラ・アレンジと指揮を担当しており、シンフォニック・ロックという作風に仕上がっている[要出典]。また、ゲスト・プレイヤーとしてビル・ブラッフォードパトリック・モラーツも参加している。

通常、ベーシストがソロ・アルバムを制作する場合、ボーカリストや作曲家、或いは人気スターとしての面が強調される例が多い[要出典]が、本作はベーシストとしてのクリス・スクワイアの比重が大きいとされている[要出典]。実際に聴いてみても、ベースの音量が非常に大きくミックスされており[要出典]、イエスとは異なったサウンドに仕上がっている。

後のCDでの再発時の限定盤にはDVDが付加されていた。DVDの収録内容はBBCで放送されたアルバム1曲目のスタジオ・ライブの映像と、再発時のクリス・スクワイアへのインタビューであった。

評価[編集]

メロディー・メイカー (Melody Maker) 誌における同年12月13日付けのアルバム・ランキングで、初登場28位。