末廣演芸会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
末廣演芸会
Shinjuku suehirotei.jpg
番組の放送が行われていた新宿末廣亭
ジャンル 演芸番組
出演者 真山恵介
馬場雅夫
桂米丸[要曖昧さ回避]
福富太郎
ほか
製作
制作 NET→テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
(グラスロン→長崎タンメン)日曜演芸会
放送期間 1961年7月 - 1975年9月28日
放送時間 当該節参照
放送分 65→60→45分
末廣演芸会
放送期間 1975年10月4日 - 1981年3月28日
放送時間 当該節参照
放送分 55→45→30分

末廣演芸会』(すえひろえんげいかい)は、1975年10月4日から1981年3月28日までテレビ朝日(1977年3月まではNETテレビ)で放送されていた演芸番組である。

本項では、1961年7月から1975年9月28日まで同局で放送されていた前身番組『日曜演芸会』(にちようえんげいかい)についても述べる。

概要[編集]

東京新宿新宿末廣亭から放送されていた演芸番組で、番組前半では演芸を、そして後半では大喜利(「珍芸コーナー」→「お笑い七福神」)を行っていた。特に大喜利は、下らない答えを出した落語家には罰として顔面に墨を塗っていた。柳家小せん、 月の家円鏡(現・八代目橘家圓蔵)など顔が墨だらけになった解答者はいるものの、墨の中にコールドクリームを混ぜておいたことで、洗えばすぐに落とせるように工夫されていたと、解説を務めた馬場雅夫が後の著書で明かしている[どれ?]

もともとこの番組は、1961年1月15日から同年3月26日まで同じく末廣亭からの放送を行っていた『お笑い演芸館』を引き継いだもので、やがて始まる「寄席ブーム」の一角として人気番組となり、全盛期には日曜の昼ながら36.4%という視聴率を記録した[要出典]

放送開始から14年間は日曜昼の時間帯に放送されていたが、1975年4月のネットチェンジによって朝日放送製作の『パネルクイズ アタック25』が同時間帯へ移動することになったため、日曜16:30枠へ移動。それから半年後には放送曜日を土曜に変更し、同時にタイトルを『末廣演芸会』に改めた。その後も日曜18:30枠 → 土曜17:00枠への移動を経て続けられたものの、番組は1981年3月28日放送分をもって終了した。番組の終了後、替わって日曜15:00枠で『ザ・テレビ演芸』がスタートした。

腸捻転解消前にネットを組んでいた毎日放送は、日曜12:54枠で『素人名人会』を放送していたことから、6日遅れの土曜日に『土曜演芸会』とタイトルを差し替えて放送していた[1]

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

日曜演芸会[編集]

  • 日曜 13:00 - 14:05 (1961年7月 - 1961年9月24日)
  • 日曜 15:15 - 16:15 (1961年10月 - 1963年2月)
  • 日曜 13:30 - 14:15 (1963年3月 - 1963年5月)
  • 日曜 13:15 - 14:00 (1963年6月 - 1975年3月30日)
  • 日曜 16:30 - 17:15 (1975年4月6日 - 1975年9月28日)

末廣演芸会[編集]

  • 土曜 14:00 - 14:55 (1975年10月4日 - 1978年3月25日)
  • 土曜 17:00 - 17:45 (1978年4月1日 - 1979年3月31日)
  • 日曜 18:30 - 19:00 (1979年4月8日 - 1979年10月28日)
  • 土曜 17:00 - 17:30 (1979年11月3日 - 1981年3月28日)

出演者[編集]

解説[編集]

  • 真山恵介 - 『日曜演芸会』時代に出演。
  • 馬場雅夫 - 『日曜演芸会』並びに『末廣演芸会』時代に出演。

大喜利[編集]

提供[編集]

放送開始からしばらくの間は旭ファイバーグラスの一社提供で、1966年ごろからはサンヨー食品の一社提供で放送。その間は『グラスロン日曜演芸会』→『長崎タンメン日曜演芸会』と、各社の主力商品の名を冠して放送されていたが、1970年頃から新たに宇津救命丸がスポンサーに加わって複数社提供になったため、タイトルから長崎タンメンが外れて『日曜演芸会』になった[2]。『末廣演芸会』時代には一貫して複数社提供で放送されていたため、タイトルの変更は無かった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ お笑いとんち袋』より[出典無効]
  2. ^ 『テレビ朝日20年社史』より[どれ?]

参考文献[編集]

  • 笑芸人 VOL.2(白夜書房)44頁 2000年
  • 完璧版 テレビバラエティ 大笑辞典(白夜書房)185頁・186頁 2003年

関連項目[編集]

  • 笑って笑って大合戦 - 1965年から1968年までの大晦日にNETテレビで放送されていた演芸特別番組(ロッテ一社提供)。『日曜演芸会』から「お笑い七福神」メンバーも出演していた。
NETテレビ 日曜13:00枠
前番組 番組名 次番組
グラスロン日曜演芸会
(1961年7月 - 1961年9月)
20世紀フォックス名画座
※13:00 - 13:45
料理かくし芸
※13:45 -
NETテレビ 日曜15:15枠
均ちゃんのペンキ屋さん
※15:15 - 16:00
不明
※16:00 -
グラスロン日曜演芸会
(1961年10月 - 1963年2月)
ビル船長
※15:15 - 15:45
大楠公 再放送
※15:45 - 16:15、日曜13:45枠から移動
NETテレビ 日曜13:30枠
レッツゴースケーティング
※13:30 - 13:45
大楠公 再放送
※13:45 - 14:15、日曜15:45枠へ移動
グラスロン日曜演芸会
(1963年3月 - 1963年5月)
グラスロン日曜演芸会
(1963年6月 - 1966年)
※13:15 - 14:00、15分繰り上げ
昭和テレビ招待席
※14:00 - 、15分繰り上げ
NETテレビ 日曜13:15枠
あなたをスターに
※13:00 - 13:30
グラスロン日曜演芸会
(1963年3月 - 1963年5月)
※13:30 - 14:15
グラスロン日曜演芸会

長崎タンメン日曜演芸会

日曜演芸会
(1963年6月 - 1975年3月)
パネルクイズ アタック25
(1975年4月6日 - 1975年9月)
※13:15 - 13:40
ファミリータイム
※13:40 - 13:45、日曜14:25枠から移動
ビッグスポーツ
(1975年4月 - 1975年9月)
※13:45 - 15:00、日曜16:30枠から移動
NETテレビ 日曜16:30枠
ビッグスポーツ
(1969年10月 - 1975年3月)
※日曜13:45枠へ移動
日曜演芸会
(1975年4月6日 - 1975年9月28日)
仁鶴・きよしのただいま恋愛中
※16:30 - 17:00
霊感ヤマカン第六感
(1975年10月5日 - 1976年3月)
※17:00 - 17:30
NETテレビ→テレビ朝日 土曜14:00枠
前番組 番組名 次番組
必殺仕掛人 再放送
末廣演芸会
(1975年10月4日 - 1978年3月25日)
土曜アンコールアワー
(1978年4月1日 - 1979年3月17日)
※13:00 - 14:25
全日本選抜ちびっこものまね歌合戦!
※14:30 - 15:00
テレビ朝日 土曜17:00枠
ハチャメチャ生放送
末廣演芸会
(1978年4月1日 - 1979年3月31日)
走れ! ピンク・レディー 再放送
※17:00 - 17:30
機動戦士ガンダム
(1979年4月7日 - 1980年1月26日)
※17:30 - 18:00
テレビ朝日 日曜18:30枠
三枝の国盗りゲーム
(1978年4月 - 1979年3月)
※木曜19:30枠へ移動
末廣演芸会
(1979年4月8日 - 1979年10月28日)
レッツ!VOICE
(1979年11月4日 - 1981年5月24日)
テレビ朝日 土曜17:00枠
末廣演芸会
(1979年11月3日 - 1981年3月28日)
アイドルパンチ
(1981年4月4日 - 1985年3月30日)