本仮屋リイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
もとかりや リイナ
本仮屋 リイナ
プロフィール
本名 本仮屋 リイナ
愛称 りんちゃん、リイナぽん、モトカリ[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1991-04-01) 1991年4月1日(30歳)
血液型 A型
最終学歴 青山学院大学法学部
所属事務所 アミューズ
職歴 東海テレビ放送アナウンサー
(2013年4月~2016年12月)
活動期間 2013年 - 2016年9月
2020年6月 -
配偶者 あり
著名な家族 本仮屋ユイカ(姉)
出演番組・活動
出演中   
出演経歴 スイッチ!
備考
2009年ミス青山学院大学
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

本仮屋 リイナ(もとかりや リイナ、1991年4月1日 - )は、アミューズ所属のフリーアナウンサー。元東海テレビ放送アナウンサー[2]東京都出身[1]女優本仮屋ユイカは実姉[3]

来歴[編集]

青山学院大学法学部卒業[4]。大学時代、自分たちの企画したイベントで司会したことから、アナウンサーを目指すようになった[3]。2009年、『ミス青山学院大学』に選出され、最終選考まで残る。[5]

2013年3月27日 - 31日、劇団アロッタファジャイナによる『国家〜偽伝、桓武と最澄とその時代〜』で、舞台女優(ヒロイン)を務めた[6][7]

就職活動では東京のキー局を中心に全部で11局受け、2013年4月に東海テレビ放送入社[3](同期のアナウンサーは上山真未)。入社当日の4月1日、新番組『スイッチ!』のレギュラーとしてデビュー[3]。6月9日、『ピースのイライラ救助隊 出動!ストレスキュー!』で全国放送でお披露目[4]

東海テレビ社員となった2013年には、「将来は昼ドラに出てみたい」との発言もあった[7]。2016年には、映画『復讐したい』に出演し、ニュースキャスター役を演じた[8]

2014年3月9日、第3回名古屋ウィメンズマラソンに出場し、4時間42分16秒で完走した[9]

2016年3月13日開催の名古屋ウィメンズマラソン2016には同期入社の上山真未アナウンサーと出場。レース途中で体調不良になりつつも完走した[10]

2016年5月に結婚。同月23日の『スイッチ!』の生放送の中で共演者の兵動大樹矢野・兵動)から祝福を受け、「ありがとうございます」と笑顔で応えた[11]

2016年9月に妊娠が明らかになり、『スイッチ!』を卒業することが、同月16日発表された。10月以降もアナウンス業務に従事したが[12]、12月23日に、同月末をもって東海テレビを退社することを明らかにした[13]

2017年2月、第1子男児を出産[14]。その後、女児を出産。2児の母である。

2020年6月1日より、アミューズ所属のフリーアナウンサーとなる。

人物[編集]

  • 身長161cm[15]。趣味は、ランニング[16]、映画鑑賞、お菓子作り[1]
  • 自然療法を支持しており、子供が発熱した際にはキャベツを頭にのせたり、鼻詰まりの際には母乳を点鼻するというエピソードをテレビ番組で披露した[17]

過去の出演番組[編集]

東海テレビ時代[編集]

学生時代[編集]

映画[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 公式プロフィール”. アナウンスどっとこむ. 東海テレビ放送. 2014年6月13日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 有吉弘行、本仮屋リイナの占いに「一番嫌いです、この世の中で」”. マイナビニュース (2020年8月8日). 2020年8月9日閲覧。
  3. ^ a b c d “ユイカ妹・本仮屋リイナ、異例の入社日即デビュー”. サンケイスポーツ. (2013年4月11日). オリジナルの2013年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131101054253/http://www.sanspo.com/geino/news/20130411/oth13041105230020-n1.html 2013年4月11日閲覧。 
  4. ^ a b “スピード出世!本仮屋リイナアナ、全国デビュー”. 産経ニュース (産経デジタル). (2013年6月8日). https://www.sankei.com/entertainments/news/130608/ent1306080011-n1.html 2020年8月9日閲覧。 
  5. ^ 本仮屋ユイカの妹 ミス青山学院大学を経て女子アナに内定”. NEWSポストセブン. 小学館 (2012年11月26日). 2013年5月3日閲覧。
  6. ^ 本仮屋リイナ 入社前日まで舞台女優で初日からは帯番組出演”. NEWSポストセブン. 小学館 (2013年3月25日). 2013年6月7日閲覧。
  7. ^ a b 本仮屋リイナ (2013年7月2日). 本仮屋リイナ「愛されるアナに」 “女優業”発言の真相語る. (インタビュー). オリコンスタイル.. http://www.oricon.co.jp/news/movie/2026182/full/ 2013年7月7日閲覧。 
  8. ^ a b “本仮屋リイナアナ:キャスター役で映画初出演 演技褒められ「一応プロなので……」”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2016年2月27日). http://mantan-web.jp/2016/02/27/20160227dog00m200019000c.html 2016年2月27日閲覧。 
  9. ^ 名古屋ウィメンズマラソン2014
  10. ^ 東海テレビ スイッチ! [@thk_switch] (13 March 2016). "ゴール後、救護室へ。レース途中で体調不良になったのは初めての経験でした。そんな私を沿道の皆さん、ランナーの皆さんが励ましてくださって、すごく力になりました!嬉しかったです。なんとかフィニッシュできて、よかったです。#本仮屋リイナ" (ツイート). Twitterより2020年8月9日閲覧
  11. ^ “本仮屋リイナアナが結婚、共演者の祝福に「ありがとうございます」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2072097/full/ 2016年5月23日閲覧。 
  12. ^ “妊娠の本仮屋リイナ・アナ、レギュラー番組を降板 アナウンス業務には従事”. サンケイスポーツ (産経デジタル). (2016年9月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160916/mrg16091621090002-n1.html 2016年9月18日閲覧。 
  13. ^ “本仮屋リイナが東海テレビ退社を報告「東海地方のみなさまの優しさで今の私がある」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年12月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161223/geo16122310230018-n1.html 2016年12月23日閲覧。 
  14. ^ “本仮屋リイナ元アナ、第1子男児出産「新しい家族が仲間入り」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年3月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170310/mrg17031005030001-n1.html 2017年3月10日閲覧。 
  15. ^ プロフィール”. ミス青山コンテスト2009. タイズブリック. 2013年4月25日閲覧。
  16. ^ 本仮屋リイナ”. すっぴん美人図鑑. 日本すっぴん協会 (2013年3月21日). 2013年4月25日閲覧。
  17. ^ 日本テレビ系列『有吉反省会』2020年8月8日放送

関連項目[編集]