本住寺 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本住寺
位置 北緯35度10分12.4秒
東経136度55分5.7秒
座標: 北緯35度10分12.4秒 東経136度55分5.7秒
宗旨 日蓮宗
地図
本住寺 (名古屋市)の位置(名古屋市内)
本住寺 (名古屋市)
テンプレートを表示

本住寺(ほんじゅじ)は、愛知県名古屋市東区東桜にある日蓮宗の寺院。山号は長壽山。旧本山は大本山池上本門寺、生師法縁。境内には九代目花籠平五郎碑がある。

付近には法華寺、照遠寺真柳寺妙泉寺、本要寺、大法寺、壽元寺、法輪寺、浄蓮寺等戦後の都市計画で移転された日蓮宗寺院が多数ある。

歴史[編集]

永禄3年(1560年)武蔵国荏原郡六郷村に佛壽院日現池上本門寺11世)を開山に創建された。寛永元年(1624年)性法院日年(4世)によって現在地に移転再興された。その後日惺(池上本門寺12世、1550年1598年)が旧地に本住寺を建立したという。 太平洋戦争中の昭和19年(1944年12月13日名古屋空襲による無差別爆撃で堂宇を焼失する。昭和29年(1954年)仮本堂と庫裡が再建された。現在の本堂は昭和55年(1980年)書院、庫裡とともにRC造で再建されたもの。

境内[編集]

  • 本堂

歴代[編集]

  • 佛壽院日現

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連資料[編集]

  • 張州府志
  • 新編武蔵風土記稿
  • 相撲史跡研究会編『相撲の史跡6』
  • 大田区の寺院