本化妙宗連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

本化妙宗連盟(ほんげみょうしゅうれんめい)は、国柱会の設立者である田中智學の弟子である山川智応によって設立された、法華系の新宗教である。正式名称は宗教法人本化妙宗聯盟

創価学会批判に力を入れている。

設立者[編集]

  • 山川智応(本名・伝之助)

沿革[編集]

  • 1940年(昭和15年)に前身の師子王学会を設立する。
  • 1945年(昭和20年)に本化妙宗連盟と公称する。

創始者の山川智応は明治十二年(~昭和三十一年)、大阪に生まれている。 山川はもともと宗教に関心を寄せていたが、明治二十六年、十五歳のとき、田中智学(「国柱会」創始者)の教えに触れ、 「立正安国会布教所」の会員になった。以後、日蓮聖人の研究に努め、昭和九年「法華思想史上の日蓮聖人」等を刊行、 大学博士の学位を得ている。二十一年四月、本化妙宗連盟を設立。二十九年、宗教法人登記。 田中智学の高弟・山川智応が開いた教団。宗派や派祖を超え、日蓮のもとに異体同心で結集した僧俗一体の教団を目的として 創設された。 智応は智学の日蓮教学を基盤にその学統を継ぐ第一人者と目されていたが、智学の死後、国柱会から除名され、昭和17年に 獅子王学塾を結成。昭和21年、日本と宗教界の再建を企図し当連盟を設立した。智応の「日蓮聖人研究」などその著作は今 もって評価が高い。本部は鎌倉市稲村ケ崎1-18-6.智応は昭和31年、77歳で死去。 高橋智遍先生がお書きになられた「創価学会が真実なら」という本は非常にわかりやすい本である。 妙宗連盟の昭和五十九年掲載の「妙宗」の三月号掲載の高橋智遍先生の因果律の話は傾聴に値する。 人間だけが「因果律」に背いた行動をするという話である。  人間界の「因果律」の法則というのは  一、不殺生(人を殺してはいけない)  ニ、不偸盗(物を盗んではならない)  三、不邪淫(浮気をしてはならない)  四、不妄語(嘘をついてはならない)  五、不飲酒(酒を飲んではならない)  この五戒は最小限度の戒律であるというのであります。  この五戒の根本をなすものは「妙法」であるというのです。