第三次兵備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

第三次兵備(だいさんじへいび)とは、大日本帝国陸軍太平洋戦争末期の1945年5月23日に実施した大規模な兵力増強である。通常、師団を増やすような大きな兵備計画は年度ごとに計画・実施されるが、1945年にはそれが2月、4月、5月と三回あったため、それぞれ第一次兵備第二次兵備、第三次兵備と呼ぶ。

機動打撃師団8個、沿岸配備師団11個の計19個師団・独立混成旅団15個を新設したが、所属した歩兵連隊は3個で、第一次兵備の沿岸配備師団と較べても兵数・火力ともに劣っていた。また、計画された兵器・人員の定数も充たされないままに終戦を迎えた。

機動打撃師団[編集]

第221師団[編集]

第221師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 長野
通称号/略称 天龍
補充担任 長野師管区
最終上級単位 第51軍
最終位置 茨城県 鹿嶋
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「天龍」
  • 編成地:長野/補充担任:長野師管区
  • 師団長:永沢三郎中将(1945年7月5日 - 終戦[1]
  • 最終上級部隊:第51軍
  • 最終位置:茨城県鹿島
  • 歩兵第316連隊
  • 歩兵第317連隊
  • 歩兵第318連隊


第222師団[編集]

第222師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 弘前
通称号/略称 八甲
補充担任 弘前師管区
最終上級単位 第11方面軍
最終位置 岩手県
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「八甲」
  • 編成地:弘前/補充担任:弘前師管区
  • 師団長:笠原嘉兵衛中将(1945年6月1日 - 終戦[1]
  • 最終上級部隊:第11方面軍
  • 最終位置:岩手県
  • 歩兵第307連隊
  • 歩兵第308連隊
  • 歩兵第309連隊


第224師団[編集]

第224師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 広島
通称号/略称 赤穂
補充担任 広島師管区
最終上級単位 第54軍
最終位置 広島県
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「赤穂」
  • 編成地:広島/補充担任:広島師管区
  • 師団長:河村参郎中将(1945年7月5日 - 終戦[2]
  • 最終上級部隊:第54軍
  • 最終位置:広島
  • 歩兵第340連隊
  • 歩兵第341連隊
  • 歩兵第342連隊


第225師団[編集]

第225師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 大阪
通称号/略称 金剛
補充担任 大阪師管区
最終上級単位 第15方面軍
最終位置 兵庫県 龍野
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「金剛」
  • 編成地:大阪/補充担任:大阪師管区
  • 師団長:落合鼎五中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 最終上級部隊:第15方面軍
  • 最終位置:兵庫県龍野
  • 歩兵第343連隊
  • 歩兵第344連隊
  • 歩兵第345連隊


第229師団[編集]

第229師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 金沢
通称号/略称 北越
補充担任 金沢師管区
最終上級単位 第13方面軍
最終位置 石川県 津幡
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「北越」
  • 編成地:金沢/補充担任:金沢師管区
  • 師団長:石野芳男中将(1945年6月2日 - 終戦[2]
  • 参謀長:吉田嘉久中佐(1945年5月24日 - 終戦[3]
  • 最終上級部隊:第13方面軍
  • 最終位置:石川県津幡
  • 歩兵第334連隊
  • 歩兵第335連隊
  • 歩兵第336連隊


第230師団[編集]

第230師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 東京
通称号/略称 総武
補充担任 東京師管区
最終上級単位 第59軍
最終位置 岡山県
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「総武」
  • 編成地:東京/補充担任:東京師管区
  • 師団長:中西貞喜中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 最終上級部隊:第59軍
  • 最終位置:岡山
  • 歩兵第319連隊
  • 歩兵第320連隊
  • 歩兵第321連隊


第231師団[編集]

第231師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 広島
通称号/略称 大国
補充担任 広島師管区
最終上級単位 第59軍
最終位置 山口県
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「大国」
  • 編成地:広島/補充担任:広島師管区
  • 師団長:村田孝生中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 最終上級部隊:第59軍
  • 最終位置:山口
  • 歩兵第346連隊
  • 歩兵第347連隊
  • 歩兵第348連隊


第234師団[編集]

第234師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 東京
通称号/略称 利根
補充担任 東京師管区
最終上級単位 第52軍
最終位置 千葉県 八日市場
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「利根」
  • 編成地:東京/補充担任:東京師管区
  • 師団長:永野亀一郎中将(1945年7月5日 - 終戦[2]
  • 参謀長:鳥羽悟大佐(1945年7月5日 - 終戦[4]
  • 最終上級部隊:第52軍
  • 最終位置:千葉県八日市場
  • 歩兵第322連隊
  • 歩兵第323連隊
  • 歩兵第324連隊


沿岸配備師団[編集]

第303師団[編集]

第303師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 名古屋
通称号/略称 高師
補充担任 名古屋師管区
最終上級単位 第40軍
最終位置 鹿児島県 川内
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「高師」
  • 編成地:名古屋/補充担任:名古屋師管区
  • 師団長:
    • 石田栄熊中将(1945年6月1日 - 1945年8月27日[2]
    • 野副昌徳中将(1945年8月27日[2] - )
  • 最終上級部隊:第40軍
  • 最終位置:鹿児島県川内
  • 歩兵第337連隊
  • 歩兵第338連隊
  • 歩兵第339連隊


第308師団[編集]

第308師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 弘前
通称号/略称 岩木
補充担任 東京師管区
最終上級単位 第50軍
最終位置 青森県 野辺地
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「岩木」
  • 編成地:弘前/補充担任:弘前師管区
  • 師団長:朝野寅四郎中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 参謀長:小林市三中佐(1945年6月1日 - 終戦[5]
  • 最終上級部隊:第50軍
  • 最終位置:青森県野辺地
  • 歩兵第310連隊
  • 歩兵第311連隊
  • 歩兵第312連隊


第312師団[編集]

第312師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 久留米
通称号/略称 千歳
補充担任 久留米師管区
最終上級単位 第56軍
最終位置 佐賀県 伊万里
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「千歳」
  • 編成地:久留米/補充担任:久留米師管区
  • 師団長:多田保中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 参謀長:羽場光大佐(1945年6月1日 - 終戦[6]
  • 最終上級部隊:第56軍
  • 最終位置:佐賀県伊万里
  • 歩兵第358連隊
  • 歩兵第359連隊
  • 歩兵第360連隊


第316師団[編集]

第316師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 京都
通称号/略称 山城
補充担任 京都師管区
最終上級単位 第53軍
最終位置 神奈川県 伊勢原
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「山城」
  • 編成地:京都/補充担任:京都師管区
  • 師団長:柏徳中将(1945年7月5日 - 終戦[2]
  • 参謀長:熊谷則正大佐(1945年7月5日 - 終戦[7]
  • 最終上級部隊:第53軍
  • 最終位置:神奈川県伊勢原
  • 歩兵第349連隊
  • 歩兵第350連隊
  • 歩兵第351連隊


第320師団[編集]

  • 通称号:「宣武」
  • 編成地:京城/補充担任:京城師管区
  • 師団長:八隅錦三郎中将
  • 最終上級部隊:第17方面軍
  • 最終位置:釜山
  • 歩兵第361連隊
  • 歩兵第362連隊
  • 歩兵第363連隊


第321師団[編集]

第321師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 東京
通称号/略称
補充担任 東京師管区
最終上級単位 第12方面軍
最終位置 伊豆大島
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「磯」
  • 編成地:東京/補充担任:東京師管区
  • 師団長:矢崎勘十中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 参謀長:鵜飼仁大佐(1945年6月1日 - 終戦[8]
  • 最終上級部隊:第12方面軍
  • 最終位置:伊豆大島
  • 歩兵第325連隊
  • 歩兵第326連隊
  • 歩兵第327連隊


第322師団[編集]

第322師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 仙台
通称号/略称 磐梯
補充担任 仙台師管区
最終上級単位 第11方面軍
最終位置 宮城県 大河原
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「磐梯」
  • 編成地:仙台/補充担任:仙台師管区
  • 師団長:
    • 深堀游亀中将(1945年7月5日 - 1945年8月19日[2]
    • (心得)中村忠英少将(1945年8月19日[2] - )
  • 参謀長:福間桟也中佐(1945年7月5日 - 終戦[9]
  • 最終上級部隊:第11方面軍
  • 最終位置:宮城県大河原
  • 歩兵第313連隊
  • 歩兵第314連隊
  • 歩兵第315連隊


第344師団[編集]

第344師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 善通寺
通称号/略称 剣山
補充担任 善通寺師管区
最終上級単位 第55軍
最終位置 高知県 宿毛
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「剣山」
  • 編成地:善通寺/補充担任:善通寺師管区
  • 師団長:横田豊一郎中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 参謀長:福山芳夫大佐(1945年5月30日 - 終戦[10]
  • 最終上級部隊:第55軍
  • 最終位置:高知県宿毛
  • 歩兵第352連隊
  • 歩兵第353連隊
  • 歩兵第354連隊


第351師団[編集]

第351師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 宇都宮
通称号/略称 赤城
補充担任 宇都宮師管区
最終上級単位 第56軍
最終位置 福岡県 福間
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「赤城」
  • 編成地:宇都宮/補充担任:宇都宮師管区
  • 師団長:藤村謙中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 参謀長:西山勝中佐(1945年6月1日 - 終戦[6]
  • 最終上級部隊:第56軍
  • 最終位置:福岡県福間
  • 歩兵第328連隊
  • 歩兵第329連隊
  • 歩兵第330連隊


第354師団[編集]

第354師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 東京
通称号/略称 武甲
補充担任 東京師管区
最終上級単位 東京湾兵団
最終位置 千葉県 丸山
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「武甲」
  • 編成地:東京/補充担任:東京師管区
  • 師団長:山口信一中将(1945年6月1日 - 終戦[2]
  • 参謀長:吉橋健児中佐(1945年5月24日 - 終戦[11]
  • 最終上級部隊:東京湾兵団
  • 最終位置:千葉県丸山
  • 歩兵第331連隊
  • 歩兵第332連隊
  • 歩兵第333連隊


第355師団[編集]

第355師団
創設 1945年昭和20年)5月23日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
編成地 姫路
通称号/略称 那智
補充担任 姫路師管区
最終上級単位 第54軍
最終位置 兵庫県 姫路
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示
  • 通称号:「那智」
  • 編成地:姫路/補充担任:姫路師管区
  • 師団長:武田寿中将(1945年7月5日 - 終戦[2]
  • 参謀長:野口欣一大佐(1945年7月5日 - 終戦[12]
  • 最終上級部隊:第54軍
  • 最終位置:姫路
  • 歩兵第355連隊
  • 歩兵第356連隊
  • 歩兵第357連隊


独立混成旅団[編集]

  • 独立混成第113旅団
  • 独立混成第114旅団
  • 独立混成第115旅団
  • 独立混成第116旅団
  • 独立混成第117旅団
  • 独立混成第118旅団
  • 独立混成第119旅団
  • 独立混成第120旅団
  • 独立混成第121旅団
  • 独立混成第122旅団
  • 独立混成第123旅団
  • 独立混成第124旅団
  • 独立混成第125旅団
  • 独立混成第126旅団
  • 独立混成第127旅団

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本陸海軍総合事典』第2版、381頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『日本陸海軍総合事典』第2版、382頁。
  3. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1130頁。
  4. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1122頁。
  5. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1108頁。
  6. ^ a b 『帝国陸軍編制総覧』1150頁。
  7. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1125頁。
  8. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1110頁。
  9. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1107頁。
  10. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1137頁。
  11. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1127頁。
  12. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1132頁。

参考文献[編集]

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]