本土神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本土神社
拝殿
所在地 岐阜県多治見市小田町1丁目20番地
位置 北緯35度20分20.8秒
東経137度07分42.1秒
主祭神 猿田彦大神
庭津火命
社格 旧郷社
創建 長元3年(1030年)
本殿の様式 流造
例祭 10月15日
テンプレートを表示

本土神社(ほんどじんじゃ)は、岐阜県多治見市にある神社

祭神[編集]

歴史[編集]

この地域は伊勢神宮領の池田御厨の一部であり、長元3年(1030年)に伊勢神宮に縁のある猿田彦大神を分霊してこの地の産土神として祀ったという。

鎌倉時代後期、土岐頼貞が鬼門鎮護と武門守護の神として深く信仰したとされるが、元徳2年(1330年)に社殿が修復されたという棟札が現存している。

末社[編集]

7社。

文化財[編集]

多治見市指定文化財
  • 本土神社宝篋印塔[1]

交通[編集]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 指定文化財一覧”. 多治見市 (2012年12月20日). 2013年4月25日閲覧。