本多助之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
本多助之
時代 江戸時代中期
生誕 元文3年(1738年
死没 明和8年11月11日1771年12月16日
官位 従五位下若狭守
信濃飯山藩世嗣
氏族 本多氏(豊後守家)
父母 本多助盈
兄弟 助之、助佳、助交、八重、
松平守惇正室、朽木昌綱継室、
織田信味正室、本多助阜正室ら
堀田正亮
助受、本多道福室
テンプレートを表示

本多 助之(ほんだ すけゆき)は、江戸時代中期の信濃国飯山藩の世嗣。官位従五位下若狭守

略歴[編集]

元文3年(1738年)、4代藩主・本多助盈の長男として誕生。元文元年(1736年)生まれとも。正室は堀田正亮の娘。子に本多助受(長男)、本多道福室。

宝暦3年(1753年)に9代将軍・徳川家重に初御目見したが、家督相続以前に死去した。代わって、長男・助受が嫡子となり、祖父・助盈から家督を継いだ。

3代藩主・本多助有の子という説もある。