本多康融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

本多 康融(ほんだ やすあき、文化9年(1812年) - 安政5年3月25日1858年5月8日))は、近江膳所藩の第13代藩主。康俊系本多家宗家13代。

第12代藩主・本多康禎の長男。正室は島津斉興の娘。官位は従五位下、隼人正、隠岐守。

文政10年(1828年)8月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下隼人正に叙任した。弘化4年(1847年)4月13日、父の隠居により跡を継いだ。安政元年(1854年)から外国船の来航などにより世情不安が高まると、御所の警備や大坂湾における外国船に対する警備などを務めた。安政3年(1856年)4月7日、弟の康穣に家督を譲って隠居し、安政5年(1858年)3月25日に47歳で死去した。