本多忠敞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
本多忠敞
時代 江戸時代中期
生誕 享保12年(1727年
死没 宝暦9年7月10日1759年8月2日
別名 忠敝
官位 従五位下美濃守中務大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重
下総古河藩主→石見浜田藩
氏族 本多氏(平八郎家)
父母 本多忠良
兄弟 忠敞、忠亮、忠寛、水野忠辰正室ら
牧野貞通
忠粛本多忠盈正室、於歌
忠盈
テンプレートを表示

本多 忠敞(ほんだ ただひさ)は、江戸時代中期の大名。名は忠敝とも。下総国古河藩2代藩主、石見国浜田藩初代藩主。官位従五位下美濃守中務大輔忠勝系本多家宗家9代。

生涯[編集]

老中などを務めた本多忠良の長男[1]

宝暦元年(1751年)に父・忠良の死去により家督相続[1]。宝暦9年(1759年)、古河から石見浜田へ移封[1]となるが、直後に33歳で死去した。家督は養子・忠盈真田信弘の六男)が継いだ。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 早川和見『古河藩』現代書館〈シリーズ藩物語〉、2011年2月、108頁。