本多忠篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本多 忠篤(ほんだ ただあつ、享保4年(1719年) - 延享4年8月20日1747年9月24日))は、伊勢神戸藩の世嗣。

神戸藩初代藩主・本多忠統の三男。正室は甘露寺尚長の娘、継室は広橋兼広の娘。子は本多忠興(長男)、娘(渡辺綱通室)。官位は従五位下、兵部少輔。

長兄忠邦は宗家である近江国膳所藩主の本多康敏を継ぎ、次兄小笠原信胤越前国勝山藩主の小笠原信成の養嗣子となったため、三男ながら神戸藩嫡子となる。元文2年(1737年徳川吉宗御目見し、従五位下、兵部少輔に叙任されたが、家督相続前の延享4年(1747年)に早世した。代わって弟の本多忠永が嫡子となった。