本多忠考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
本多忠考
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化2年(1805年
死没 明治12年(1879年11月21日
改名 乙見敬次郎(幼名)、忠祥(初名)、忠考
戒名 天誉晴空寿遷騰雲院
墓所 愛知県岡崎市能見町の源空寺
官位 従五位下、美濃守、中務大輔
幕府 江戸幕府
三河国岡崎藩
氏族 本多氏→乙見氏→本多氏
父母 父:本多忠顕、母:乙見氏
正室:堀田正愛の娘
忠胤水野忠誠稲垣太清、娘(本多忠民正室)、
娘(秋元志朝継室)、娘(松平勝行正室)
養子:忠民

本多 忠考(ほんだ ただなか)は、三河岡崎藩の第4代藩主。忠勝系本多家宗家14代。

生涯[編集]

文化2年(1805年)、第3代藩主本多忠顕の四男として生まれる。四男のため、はじめ母方の姓で乙見敬次郎を名乗っていた。文化11年(1814年)に本多姓に復し、本多忠祥と名乗る(のちに忠考と改名)。

文政4年(1821年)2月9日、父が隠居したとき、親藩から養子を迎えようという動きもあったが、家督抗争の末に忠考が家督を継いだ。このとき、従五位下、中務大輔に叙位・任官する。しかし文政11年(1828年)の矢作川洪水で2万石の損害と70人余りの死者を出すなど、藩財政の困難はさらに促進される。しかもこのような中で忠考は病弱で藩政が執れず、とても藩の窮境を打開できるような人物ではなかった。

また、実子の忠胤も病弱だったため(ただし他にも実子はいた)、親藩高松松平家から忠民婿養子として迎え、天保6年(1835年)5月24日に忠民に家督を譲って隠居した。

明治12年(1879年)11月21日に死去した。享年75。