本多忠通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
本多忠通
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年(1705年
死没 享保6年7月2日1721年7月25日
墓所 東京都墨田区向島弘福寺
官位 従五位下弾正少弼
遠江相良藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠直、母:正室・石井氏
養父:本多忠晴
兄弟 忠通忠如忠村
忠烈
なし
養子:忠如

本多 忠通(ほんだ ただみち)は、遠江相良藩の第2代藩主。忠以系本多平八郎家3代。

宝永2年(1705年)、初代藩主・本多忠晴の長男で大和郡山藩主となった本多忠直の長男として生まれる。父の忠直が本家の大和郡山藩の養嗣子となったため、正徳5年(1715年)、祖父・忠晴の死去により家督を継いで第2代藩主となる。享保4年(1719年)12月13日、従五位下弾正少弼に叙位・任官する。

しかし、享保6年(1721年)7月2日に17歳で死去した。嗣子が無かったため、弟で養嗣子の忠如が跡を継いだ。