本多正供

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
本多正供
時代 江戸時代中期
生誕 延享3年9月13日1746年10月27日
死没 安永6年6月10日1777年7月14日
改名 孝吉・三弥(幼名)、正供
戒名 皆遵普現院
墓所 東京都台東区西浅草の徳本寺
官位 従五位下、紀伊
幕府 江戸幕府
駿河国田中藩
氏族 本多氏
父母 父:本多正珍
兄弟 正堅正供、善次、正敬
正室:なし
側室:幾瀬(高島氏)、もよ(高島氏)
正温、娘、娘

本多 正供(ほんだ まさとも)は、駿河田中藩の第3代藩主。正重系本多家8代。

延享3年(1746年)9月13日、第2代藩主本多正珍の次男として江戸で生まれる。長兄の正堅が早世したため、宝暦7年(1757年)11月18日に世子に指名された。宝暦8年(1758年)1月11日に正供と名乗り、宝暦11年(1761年)12月18日に従五位下・紀伊守に叙位・任官する。

安永2年(1773年)5月23日、父の隠居にともない家督を継ぐ。藩政では武芸を奨励するなどしているが、父に先立って4年後の安永6年(1777年)6月10日に死去した。享年32。跡を長男の正温が継いだ。