本多通信工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本多通信工業株式会社
Honda Tsushin Kogyo Co., Ltd.
本多通信工業ロゴ
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6826
2001年2月上場
略称 本多通信、HTK
本社所在地 日本の旗 日本
141-0001
東京都品川区北品川5丁目9番11号
大崎MTビル
設立 1947年6月14日
業種 電気機器
法人番号 4013201005408 ウィキデータを編集
事業内容 コネクタ製造、販売
代表者 代表取締役社長 佐谷紳一郎
資本金 15億100万円
発行済株式総数 12,503,100株
売上高 連結:176億円
(2019年3月期)
総資産 連結:149億1300万円
従業員数 連結:1,255人、単体:188人
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 パナソニック20.00% ほか
(2013年3月31日現在)
主要子会社 株式会社HTKエンジニアリング 100.00%
安曇野本多通信工業株式会社 100.00%
外部リンク https://www.htk-jp.com/
テンプレートを表示

本多通信工業株式会社(ほんだつうしんこうぎょう)は、東京都品川区に本社を置くコネクタを製造・販売する日本の東証一部上場企業(証券コード 6826)。長野県安曇野市中国深圳市に製造拠点を構える。略称はHTK(エイチティケー)。

概要[編集]

通信機器や電子機器で使用されるコネクタの製造、販売を行う。特定分野でのNo.1を複数持つ「Segments No.1」を戦略として掲げている。
グループの認知度向上に向けてブランドをHTKに統一。グループは同社と連結子会社8社(国内2社、海外6社)の計9社で構成される。
大株主として、パナソニックが20%(持分法適用会社)保有している。
2010年に代表取締役社長に佐谷紳一郎氏が就任。

沿革[編集]

社名の由来[編集]

もともと電話交換機のプラグジャックなどの“通信”向けの商品を作っていたことから、創業者の苗字である“本多”+“通信”という社名になっている。

現在は、通信分野は縮小しており、FA分野や車載分野の売上の方が大きく、理由を知らない人は事業内容と社名に多少の違和感を感じる。

主な製品[編集]

  • 産業用コネクタ…通信インフラやFA(ファクトリーオートメーション)など、産業機器向けがメイン
  • 民生用コネクタ…OA機器やハイエンドのカメラやPC向けがメイン
  • 車載用コネクタ…車載カメラ用のコネクタが主力商品

社会貢献活動[編集]

スポーツ振興~
松本山雅FC スポンサー活動
  • Jリーグ松本山雅FCのプラクティスウェアスポンサーを務めており、夏休みのホームゲームのうち1試合を「本多通信工業デー」と題し、子ども向けのサッカー教室やハーフタイムでの花火大会を実施している。また、2015年からはU-18(高校生年代)のユニフォームスポンサー(背中)となっている。
信州安曇野ハーフマラソンへの協賛
  • 信州安曇野ハーフマラソンにプレ大会から協賛している。
地域振興
HTKまつり
  • 2013年から毎年9月第1週の土曜日に開催している。屋台や特産品の販売、松本山雅FC・地元の三郷中学校の吹奏楽・和太鼓などのイベントの他、工場見学や工作教室なども開催している。発表では、地域の方中心に1,400名程度が来場している。

IR関係[編集]

配当
3月末の株主に実施。中間配当は今のところ実施していない。
株主優待
9月末の株主に実施。
  • 500株以上保有の株主
    • 安曇野の名産品 2,000円相当 or 安曇野市への寄付 2,000円
  • 3年以上かつ100~500株未満保有の株主
    • オリジナルQUOカード 500円
株主総会
大崎ブライトコアホールで開催。
お土産は廃止されている。
個人投資家説明会
しばしば開催されており、その内容は同社HPに掲載されている動画で視聴できる。

本社・拠点[編集]

関連会社[編集]

国内[編集]

海外[編集]