本宮山 (犬山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本宮山
Hongusan from Owarifuji 2008-5-15.JPG
尾張富士から望む本宮山
標高 292.84[1] m
所在地 日本の旗 日本
愛知県犬山市
位置 北緯35度20分01秒
東経136度58分47秒
座標: 北緯35度20分01秒 東経136度58分47秒[2]
本宮山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
1977年度(昭和52年)に撮影された国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成本宮山を撮影した航空写真

本宮山(ほんぐうさん)は、愛知県犬山市にある標高293mである。

概要[編集]

犬山市南部に位置し、別名「尾張本宮山」「尾張大富士」。尾張三山の1つである。

西側の山麓には大縣神社があり、山頂付近にはその奥宮がある。大縣神社の東側から参道が整備されており、山の南側を通り、東側にある県道453号明治村小牧線まで抜ける事ができる。 その南東の山麓にはヒトツバタゴの自生地がある。 東側には愛知用水が流れ、さらに東北東には入鹿池がある。 南側には尾張信貴山のピークがあり、その山頂には尾張信貴山泉浄院の寺院がある。そのさらに南には2重の多宝塔がある。

施設[編集]

  • 大縣神社奥宮[3]
  • 奥宮の北側に一等三角点が設置されている[1]
  • 大縣神社から奥宮までの参道がある。その参道は登山道を兼ねていて、案内標識が設置されている。その途中には、展望台がある。

周辺の山[編集]

関連画像[編集]

関連図書[編集]

  • 『尾州本宮山美濃をがせ実伝』吉田静深/著、山姥寺、1925年
  • 『尾張本宮山山姥物語考』市橋鐸/著、犬山郷土会、1970年
  • 『新・こんなに楽しい愛知の130山』あつた勤労者山岳会/編、風媒社、2003年、ISBN 4-833-10107-6
  • 『ふるさとお話の旅7』野村純一/監修、杉浦邦子/編、星の環会、2005年、ISBN 4-892-94414-9
  • 『改訂版 愛知県の山』山と渓谷社、2010年、ISBN 978-4-635-02372-6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス・小牧(名古屋) Archived 2009年6月9日, at the Wayback Machine.、国土地理院、2010年12月20日閲覧。
  2. ^ 地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名: 小牧(名古屋)、国土地理院、2010年12月20日閲覧。
  3. ^ 大縣神社の社伝によれば、この神社は「垂仁天皇27年(紀元前3年)に、現在の奥宮がある場所から西側山麓(現在地)に移転された」とある。

関連項目[編集]