本宿村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
もとじゅくむら
本宿村
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 編入
本宿村、岩津町常磐村河合村藤川村、山中村、竜谷村福岡町 → 岡崎市
現在の自治体 岡崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
額田郡
面積 14.74km².
総人口 2,782
(1950年10月1日[1]
隣接自治体 額田郡山中村豊富村
宝飯郡長沢村蒲郡市
本宿村役場
所在地 愛知県額田郡本宿村大字本宿字一里山39
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
本宿村道路元標

本宿村(もとじゅくむら)は、かつて愛知県額田郡にあったである。

現在の岡崎市の東部に該当する。

元々は法蔵寺門前町であったが、東海道赤坂宿藤川宿の間にあることから、間の宿としても栄えた。

沿革[編集]

交通機関[編集]

学校[編集]

神社・仏閣[編集]

名所・旧跡[編集]

その他[編集]

  • 旧・本宿村役場は本宿駅前に存在した。建物は2008年頃に解体されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県郡市町村勢要覧(愛知県総務部統計課 1951年10月刊行)
  2. ^ 宇都野龍碩は代々、本宿村で開業していた医師。7代目は日本で初めて種痘を行った蘭学者青木周弼(シーボルトの弟子)の弟子。

関連項目[編集]