本山政雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本山 政雄
もとやま まさお
生年月日 (1910-10-10) 1910年10月10日
出生地 東京都
没年月日 (2009-05-11) 2009年5月11日(98歳没)
死没地 愛知県名古屋市
出身校 東京帝国大学
所属政党 無所属
称号 勲二等瑞宝章

Flag of Nagoya, Aichi.svg 第23-25代 名古屋市長
当選回数 3回
在任期間 1973年4月28日 - 1985年4月27日
テンプレートを表示

本山 政雄(もとやま まさお、1910年10月10日 - 2009年5月11日)は、日本の教育学者、名古屋大学名誉教授。元名古屋市長。


経歴[編集]

東京都出身。東京帝国大学卒業、三重大学教授、名古屋大学教授・教育学部長を経て、1973年に革新系候補として名古屋市長選挙に立候補し、当選[1]1985年まで名古屋市長を3期務めた。65歳以上の高齢者が市バスと地下鉄に無料で乗車できる敬老パスの導入や、メキシコシティ南京シドニーとの姉妹友好都市提携等に尽くした。市長退任後は、名古屋国際センター理事長等を務めた。1986年には勲二等瑞宝章を受章。2009年に名古屋市内の病院にて死去。叙正四位。

主な著書に「心かよう緑の町を」等がある。

選挙[編集]

革新系の候補として、大学教員を辞めて立候補し、当時現職だった杉戸清市長を破って初当選。この時、「テレビ塔から飛び降りた気持ち」とインタビューで答えた。この結果、当時の6大政令指定都市の首長が全て革新系になった。

  • 2期目(1977年)推薦=日本社会党、日本共産党

支持母体は1期と同じ。対抗馬として自民、公明、民社3党は教育長だった日比野暁美を擁立。2期目は「何が何でも当選したかった」と後日語っている。

3期目は一転して、名古屋市会の全会派が推薦する異例の展開となった。とはいえ、実際には自民、社会、公明、民社、社民連で構成するグループと共産党を中心としたグループが別々に推薦している形となり、現在の「共産党を除くオール与党」体制をその後残すことになった。なお、名古屋オリンピック反対を訴える医大生(当時)が立候補し約10万票を獲得していた。

名古屋市長としての主な政策[編集]

  • 65歳以上の名古屋市民であれば市バスと地下鉄を自由に利用できる敬老パスの導入。
  • 公害対策のため、名古屋高速2号東山線吹上~高針間を当初の計画では高架方式であったものを半地下・地下トンネル方式に改めた。
  • 1988年オリンピックの開催都市に立候補するが、ソウルに敗れた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第十六章 (PDF)”. 2007年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月17日閲覧。

関連項目[編集]