本庄時長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本庄 時長(ほんじょう ときなが、? - 永正6年(1509年))は、戦国時代の武将。本庄房長(三河守)の子。本庄弥次郎、本庄房長(大和守)、本庄盛長、小川長資の父。

揚北衆秩父党の一派本庄氏の当主。臥牛山に本庄城を築城したことで知られる。守護代長尾為景守護上杉房能を倒し下克上すると、竹俣氏色部氏と共に反抗しこれに抵抗したが、為景方の国人の攻撃により居城を落とされ降伏した。この戦いで嫡男の弥次郎を失っている。1509年没。