本村剛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

本村 剛一(もとむら ごういち、 1973年12月25日 - [1])は、2009年に引退した日本のテニス選手千葉県習志野市出身[2]。柳川高卒。身長174cm・体重70kg[3]。右利き(バックハンド両手打ち)。1992年にプロ転向[4]。デビスカップの代表選手であった。2004年にデビスカップで活躍し、74年ぶりにインドを破った。デビスカップ単複通算42回出場は、歴代2位タイである。自己最高の世界ランクは134位。

4大大会の主な戦績[編集]

  • 全豪(2000年、2003年・最高1回戦)

国内での主な戦績[編集]

  • 全日本選手権単優勝(1999年、2000年、2002年、2003年)/ 複優勝(1993年、1995年、1996年)
  • デビスカップ 1993年、1995年、1997年~2006年出場 シングルス21勝16敗
  • ダブルス3勝1敗

全日本ランキング[編集]

  • 1992年:11位
  • 1993年:6位
  • 1994年:2位
  • 1995年:4位
  • 1996年:2位
  • 1997年:1位
  • 1998年:2位
  • 1999年:1位
  • 2000~2002年:2位
  • 2003年:3位
  • 2004年:3位
  • 2005年:4位
  • 2006年:3位
  • 2007年:3位
  • 2008年:8位

脚注[編集]

  1. ^ 本村剛一 | 選手名鑑” (日本語). TENNIS.jp テニス ドット ジェイピー. 2021年2月7日閲覧。
  2. ^ プレーヤー:本村 剛一 - 日本テニス協会公式サイト”. 211.16.211.35. 2021年2月7日閲覧。
  3. ^ プレーヤー:詳細ページ|日本テニス協会公式サイト[JTA]”. jta-tennis.or.jp. 2021年2月7日閲覧。
  4. ^ 本村 剛一” (日本語). テニス365 | tennis365.net. 2021年2月7日閲覧。