本沢みなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

本沢 みなみ(ほんざわ みなみ、1974年4月27日 - )は、ライトノベル小説家埼玉県出身。 実践女子大学文学部卒業。

1994年下期コバルト・ノベル大賞で佳作入選。 受賞作は「ゴーイング・マイ・ウェイ」。

高校生が暗殺者として活躍するアクションストーリー「東京ANGEL」とファンタジーシリーズ「新世界」が代表作。

主な作品[編集]

東京ANGEL[編集]

  • 東京ANGEL −少年たちの真夜中を撃て!−
  • 駆ける記憶
  • 永遠のセレネ
  • 銃弾に消える雨
  • 漂流少年
  • マリアの十字架
  • 君が写る世界を
  • 帰りたい海
  • ヒカリの森
  • また還る夏まで
  • レッド・シャドウ
  • 三人目の暗殺者(アサシン)
  • この闇に踊れ
  • 未来写真
  • イエスタデイを数えて
  • 眠るカナリア
  • ナイフと太陽
  • 「K」からの手紙
  • 依頼人「K」
  • リミット・ステージ 1・2
  • アイスドールは微笑まない
  • 24時間のソナタ
  • 黒の狙撃手
  • スタートライン−Start Line

新世界[編集]

  • 鍵を開く少女と皇子の青玉石
  • ふたつの太陽がのぼる帝国
  • 剣を抱く傭兵と血に染まる王城
  • 南海にかがやく奇跡と北方の巫女

その他[編集]

  • バーコードチルドレン
  • 自転車くるくる(『告白。—ピュアフル・アンソロジー』所収)