本田太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
本田 太郎
ほんだ たろう
生年月日 (1973-12-01) 1973年12月1日(47歳)
出生地 日本の旗 京都府向日市
出身校 東京大学法学部
東京大学大学院法学政治学研究科
早稲田大学大学院法務研究科
前職 シティグループ証券従業員
マネックス証券従業員
弁護士
所属政党 自由民主党谷垣G
称号 法務博士(専門職)(早稲田大学大学院)
公式サイト 本田太郎 Official Site

選挙区 京都5区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月23日 - 現職

選挙区 宮津市与謝郡選挙区
当選回数 1回
在任期間 2015年 - 2017年
テンプレートを表示

本田 太郎(ほんだ たろう、1973年(昭和48年)12月1日 - )は、日本の政治家自由民主党所属の衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

京都府向日市出身(現住所は宮津市鶴賀)[PR 1][1]東大寺学園高等学校卒業後、1993年に東京大学法学部へ進学[PR 1]。 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程を修了後、現在のシティグループ証券に就職。後にマネックス証券に就職し、2004年から早稲田大学ロースクールに通う。2008年に弁護士登録[PR 1]

京都府議に当選した後、自由民主党前総裁谷垣禎一の地盤を引き継ぎ、第48回衆議院議員総選挙京都5区に出馬、同選挙で初当選し谷垣が創始者の有隣会に加入した。

政策[編集]

所属議員連盟[編集]

人物[編集]

趣味は旅行、水泳。 フジテレビめざましテレビに出演経験がある[PR 1]

脚注[編集]

  1. ^ 自由民主党京都府第五選挙区支部 政治資金収支報告書(平成29年分定期公表) (PDF)”. 京都府選挙管理委員会 (2018年11月30日). 2019年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 2017衆院選 候補者アンケート朝日東大谷口研究室共同調査
  3. ^ 会員一覧” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月22日閲覧。

出典[編集]

自主公表情報源・公式サイト等[編集]

  1. ^ a b c d Profile”. 2017年11月4日閲覧。