本田幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本田幸子(ほんだ さちこ、1930年昭和5年)12月30日 - )は、日本囲碁棋士静岡県出身、日本棋院所属、木谷實九段門下、七段。女流選手権戦・女流本因坊戦で優勝7期。海外囲碁普及にも貢献。杉内寿子楠光子の三姉妹の次女。

経歴[編集]

1938年に木谷實に入門。1947年初段。1952年、呉清源とともに台湾訪問。1958年三段。1960年に女流選手権戦で挑戦者となるが、伊藤友恵に0-2で敗退。1961年に日米親善囲碁使節に、妹の輝子(光子)、木谷禮子と3人が選ばれて訪米し、約2か月間滞在。1963年四段。1969年に女流選手権戦で木谷禮子を2-1で破り初タイトル。1974年には小林千寿とともに欧州派遣棋士に選ばれ、各国を巡る。1981年六段。女流選手権戦は最終1981年まで5期優勝。1982年には第1期女流本因坊戦で小林禮子の挑戦を受け2-1で防衛。翌83年には楠光子との姉妹対決となり、タイトルを奪われる。続いて84年、85年と姉妹対決は3年連続、また女流鶴聖戦でも83年に姉の寿子、84年に光子との姉妹対決となった。

2000年に引退、七段。門下に吉田洋逸、向井(三村)芳織・(長島)梢恵千瑛三姉妹。

タイトル歴[編集]


女流棋士タイトル獲得数ランキング
順位 獲得回数 棋士名
1位 27期 謝依旻六段*
2位 11期 青木喜久代八段*
3位タイ 10期 杉内寿子八段* | 小林禮子七段 | 小林泉美六段* | 藤沢里菜女流本因坊・女流立葵杯・女流名人*
7位 9期 知念かおり六段*
8位 8期 伊藤友恵七段
9位タイ 7期 本田幸子七段* | 楠光子八段
11位 6期 小林千寿六段*
*は現役棋士 第22期女流棋聖戦挑戦手合三番勝負終了時点。

他の棋歴[編集]

受賞等[編集]